ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

lol、ライブ潜入レポート&インタビュー公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
lol、ライブ潜入レポート&インタビュー公開

10代と20代を中心に人気急上昇中の次世代ダンス&ヴォーカルグループ・lol(エルオーエル)が、6月17日に名古屋ボトムラインでライブを開催した。mu-mo station編集部はこの熱いライブに潜入し、ライブレポとライブ直後のメンバーに直撃したインタビューを公開した。

2014年の結成以降、ラジオ、雑誌、テレビと活躍の幅を広げてきた男女混成グループ・lolは、第57回日本レコード大賞での新人賞受賞や、昨年末に先行配信した「bye bye -special edition-」がiTunesアルバムランキング総合チャート1位を獲得するなど現在要注目の5人組だ。

CMや映画、人気ファッション誌モデルなど各メンバーが多方面で活動の場を広げるその一方、SNSでブームとなったマネキンチャレンジに挑戦するなど、最先端のムーブメントを取り入れるだけに終わらず、見事やってのけるその勢いが「イイ!」と好印象を得ているようだ。

ライブのオープニングを「ladi dadi」のリミックスバージョンで飾った彼らに負けじと、lol family(エルファミ)と呼ばれる観客も声を上げてペンライトでステージを照らし、迫力満点のダンスパフォーマンスで歌い上げる「spank!!」「ladi ladi」「sync」「shake shake」を一体となって盛り上げた。

MCではオーストラリアから来たというファンと佐藤友祐、小見山直人の男性陣とのやり取りで盛り上がるとファッション誌『NYLON』の専属モデルに抜擢された地元出身のhibikiが選んだという女性陣の衣装に目が行く中、honokaがラップパートでステージを盛り上げ、「gimme gimme」ではmocaのレクチャーによって振り付けを覚えたエルファミとグループで一体となり、最高の盛り上がりを見せていた。

ライブ後に直撃したメンバーの佐藤友祐は「ライブ会場のキャパが今までよりも倍以上あるんですよ。だから前回のステージを越えるパフォーマンスを見せたい!という思いがありました」と語る。凱旋ライブとなったhibikiも「名古屋という地元でのライブだったから、やっぱり今までのライブとは気持ちの部分が違いました。歌っている曲に対しても自然に感情が入ったし、最初から最後まで疲れを全く感じなかったくらいあっという間!もう終わっちゃったのか!っていう感じ」と普段以上の高揚感があったことをコメントしている。

また、ライブで初披露されたlol流の夏ソング「perfect summer」(8月2日発売の1stアルバム「lolol」に収録)についてもメンバーが語っている。曲中のペアダンスの話題では「この歌で恋が叶うジンクスになるかな!?」とメンバー全員で盛り上がっていた。lolのワンマンツアーは7月29日まで。個性豊かな5人のライブをステージ間近で見れるので、ぜひチェックしてみよう。

セットリスト
M1. Spank!!〜ladi dadi〜syncメドレー
M2. Shake shake
M3. hello
M4. follow me
M5. think of you
M6. girlfriend
M7. girl is mine
M8. brand new story
M9. hikari
M10. hanauta
M11. gimme gimme
M12. whooooo!!
M13. fire!
M14. party up!!
M15. bye bye
EN1. boyfriend
EN2. perfect summer
EN3. straight up
EN4. Heartbeat

mu-mo station掲載ページ
https://station.mu-mo.net/articles/nBkQE

関連リンク

lol(エルオーエル)オフィシャルサイトhttp://avex.jp/lol/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。