体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

島のオーナーは82歳の日本人。フィリピンで見つけた「本当の幸せ」

島のオーナーは82歳の日本人。フィリピンで見つけた「本当の幸せ」

「あれ、今、私って幸せなんだっけ?」

もし、都会のビルの狭間で自分自身を見失いそうになったら、ぜひとも訪れてほしい島がある。フィリピンのセブ島から小舟で約1時間のほどのところに浮かぶ「カオハガン島」だ。

何もなくて、豊かな島。

島のオーナーは82歳の日本人。フィリピンで見つけた「本当の幸せ」

食事は海の恵みからいただき、電気は17時から23時までのみ使える自家発電で、生活用水は雨水を使用。7〜8人家族の平均世帯月収が9,500円程度と世界最貧困レベルでありながら「何もなくて豊かな島」と呼ばれている。

島に生まれた子どもたちは、生きていく術のすべてをおよそ15歳までに体得するという。島の木々を使って自力で家を建てる方法、海に潜って魚を捕る方法、島で育てた豚や鶏の命をいただく方法…etc。島のオーナーは82歳の日本人。フィリピンで見つけた「本当の幸せ」

そして驚くべきは、この島のオーナーは、82歳の日本人男性・崎山克彦さんであるということ。大手出版社を早期退職し、26年前に1,000万円で島を購入して以来「カオハガン・キルト」による島の収入源の創造や、医療・教育環境など、島のライフラインをいちから整えるべく尽力してきた。

何もないのに、なぜ、豊かな島と呼ばれるのか。その理由が知りたくて。英語留学のためセブ島を訪れていた私は、導かれるようにしてカオハガン島へと辿り着き、崎山さんにインタビューする機会を得ることができた。

26年前は
貨幣が存在しなかった。

島の母屋に行くと、カオハガン島のオーナー・崎山克彦さんが笑顔で出迎えてくださった。昭和10年生まれの、御年82歳!

さっそく、お話を伺うことに。島のオーナーは82歳の日本人。フィリピンで見つけた「本当の幸せ」

ーー 崎山さんは、なぜ26年前にカオハガン島を購入されたのでしょう?

「26年前、島に住む友だちに会うため、初めてカオハガンを訪れた当時は、貨幣というものが存在せず、近隣の島と野菜や材木を物々交換していました。それなのにみんなが本当に幸せそうに暮らしていることに、深く惹かれたのがきっかけです」

島のオーナーは82歳の日本人。フィリピンで見つけた「本当の幸せ」

ーー 確かにこの島の人たちは笑顔が素敵ですよね。崎山さんは、当時は皆無だった島の教育や医療環境を整えるためにご尽力された、と。

「91年に移り住んでからは、とにかく最低限の環境を整えなくてはと奮起し、6年制の小学校や、高校や大学へ通うための奨学金制度を作ったりしましたね」

島のオーナーは82歳の日本人。フィリピンで見つけた「本当の幸せ」

1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。