ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Motorola、国内向け「Moto Z2 Play」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Motorola の日本法人は 6 月 29 日、スマートフォンのフラッグシップライン「Mtoo Z」の 2017 年モデル第一弾「Moto Z2 Play」を国内で正式に発表しました。価格は 58,104 円(税込み)で、本日より Aazon.co.jp などの EC サイトや家電量販店、MVNO などで予約が行われています。発売日は 6 月 29 日です。Moto Z2 Play は昨年始まった Moto Z ブランドの第二世代モデルの一つ。予想では通常の Moto Z2 や Moto Z Force も用意されているはずなのですが、今回発表されたのは Moto Z2 の下位モデルとなる Moto Z2 Play です。Moto Z2 Play は昨年の Moto Z Play のようにミッドレンジクラスのスペックを備えた Android スマートフォンで、Moto Z2 Play になって本体の厚みが 5.99mm へとスリムになった点が大きな特徴打と言えます。Moto Z Play は 6.99mm だったので 1mm も薄くなったことになります。薄型化を実現した大きな要因はバッテリー容量を 3,000mAh に削減したことです。前作よりも 500mAh 以上も減らされていますが、5.5 インチスマートフォンにしては平均的な容量なので日常的な使用でバッテリーが極端に悪いということはないと思います。Moto Z2 Play の主要スペックは 5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの AMOLED ディスプレイ、Snapdragon 626 2.2GHz オクタコアプロセッサ、4GB RAM、64GB ROM、Micro SD カード(UHS-I、最大 2TB)、背面に 1,200 万画素(F1.7、Dual Pixel AF、1.4μm 画素)カメラ、前面に 500 万画素(F2.2、1.4μm)カメラを搭載し、Wi-FI a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.2、NFC に対応しています。Moto Z2 Play の筐体サイズは 156.2 x 76.2 x 5.99mm、質量は 145g です。5.5 インチスマートフォンにしてはかなりスリムで軽量です。Moto Z2 Play は Moto Z シリーズの機種なので Moto Mods を利用でき、デュアル SIM・デュアルスタンバイに対応しています。出荷時の OS は Android 7.1 Nougat ですが、Moto Z2 Play は Android O へのアップデートが確約されています(時期は未定)。また、前面の下部には操作ボタンとしても機能する指紋リーダー付きホームボタンを搭載し、USB コネクタは USB 3.1 準拠の Type-C 仕様です。Motorola は Moto Z2 Play だけではなく、新しい Moto Mods として、3,490mAh のバッテリーを内蔵し、15W 出力でスマートフォン側を充電できる「Turbo Power パック」と、10W の Qi ワイヤレス充電に対応した「ワイヤレス充電キャップ」も別売します。Source : Amazon

■関連記事
ASUS、ZenFone Zoom S(ZE553KL)を6月23日に国内発売
日本郵便、フリマアプリやネットオークション向け新発送サービス「e発送サービス」を6月20日に開始
Essential Phoneが公共交通機関内で激写される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。