体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

40歳までに、まず「“投資”すべきもの」とは?―『お金が貯まるのは、どっち?』著者・菅井敏之氏インタビュー

f:id:rikunabinext:20170619130051j:plain

すがい・としゆき

1960年、山形生まれ。 三井銀行(現・三井住友銀行)に入行。個人・法人取引、およびプロジェクトファイナンスを担当する。42歳で不動産投資をはじめ、4年後には家賃収入が7000万円に。48歳で銀行を退職し、セミリタイア。2012年、田園調布にカフェ「SUGER COFFEE」をオープン。著書『お金が貯まるのは、どっち!?』(アスコム刊)はシリーズ累計45万部のベストセラー。

f:id:rikunabinext:20170619143201j:plain

銀行員時代の経験から、

お金を増やす25の法則をまとめた

『お金が貯まるのは、どっち!?』が

ベストセラーになった。

「銀行員は天職だった」と語る菅井氏だが、

48歳で退職し、

専業大家としての道を歩み始めた。

その理由とは。

「相手の困っていることを見つけて解決する」で成績トップ

銀行には25年いました。ずっと営業です。もともと銀行と旅行代理店と、2つ内定をもらったんですよ。自分のキャラからいえば旅行代理店のほうが向いていた。真面目で堅物な銀行員のイメージは自分にはかけらもありません。でもなんとなく旅行代理店にいったらワンオブゼムになるだろうと思ったんです。逆に銀行のほうが、僕みたいに明るくてフットワークが軽くて、プライドがないからドブ板だってやれる人間の持ち味が生きるんじゃないかと。それだけなんです。

入行してからずっと、営業成績はダントツ。営業の仕事って要はサービス業です。コミュニケーション能力を発揮して、相手が困っていることを引き出し、解決してあげること。これがものすごく自分に合っていたんですね。向いていないと思った仕事が、実は天職だった、というわけです。人の可能性というものはわからないものですね。

子どものころから父親に繰り返し聞かされた話があります。父が小学校3年生の時、椅子の上に立って張り紙をしている先生を見つけて、椅子を支えてあげたんですって。紙には「進取の気性」と書いてあった。父が尋ねると先生は「お前がいま先生にしてくれたことが、進取の気性っていうんだ」と教えてくれたそうです。本来の意味とは違いますよね。本来は「新しいことを取り入れる」という意味ですから。でも父は「進取の気性とは、自立的に動いて行動すること」だと理解した。先生に褒められたことが嬉しかったんでしょうね。子どもや孫にこればっかり話すんです。人が困っていることを先に見つけて、言われる前に手を出せ、それが世の中で一番大事なことだぞ、と。それで子どものころから、玄関の掃除をしたり雪かきをしたり。率先してやっていました。

会社に入ってからも同じなんですよ。人が困っているのを見つけて手を出す。僕のお客さんは会社経営者。社長の頭のなかを占めている困りごとの半分は、経営のことですよね。最初は「営業順調そうですね」なんて褒めるんです。すると「そんなことないんだよ」「ええ?そうなんですか」「去年より悪いよ」。本音が出てくる。そこで販路の開拓をしてあげたりすると、大喜びされて。「銀行さんがそんなことしてくれるの?」となるわけです。後継が心配だといえば、息子さんのお嫁さんを紹介する。何度お見合いをセッティングしたことか(笑)

とにかく相手のことを一番に考える。普通の銀行員は真面目だから、自分が困っていることをいきなり口にしちゃうんです。「今月はノルマ2000万円なんです、社長お願いします」。相手の都合お構いなし、むしろ自分の困っていることを相手に解決してもらおうと思っている。それ、違うじゃないですか。

父親を一人にしておけなくて、48歳で銀行を退職

ずっと楽しく仕事して、42歳で支店長に。あらためて富裕層のお客さんを回る機会がありました。貯金も土地もある資産家、でも毎月入ってくるお金は年金しかないという人は表情が暗いんです。お金があってもこわくて取り崩せない。お金があるのに使えない。ちっともうらやましくありませんでした。ところが、預金は大したことなくても、年金のほかに30万円、40万円と新しいお金が入ってくる人は明るい。菅井さん今度歌舞伎行きましょう、ゴルフ行きましょうって、いつも元気。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。