ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Salley、惜しみなく自身の音楽性を披露した 東京ワンマンが大盛況

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2月8日にアルバム『Clear』を発売したSalleyが、6月18日(日)にリリース記念ワンマンライブを東京 渋谷WWWで行なった。
6月18日(日)@渋谷WWW (okmusic UP's)

大きな拍手につつまれてステージに登場したSalleyの二人。1曲目は『Clear』にも収録されている「Wonderland」だ。1曲目から、うららはフロアを惜しみなく盛り上げ、MCでは『ツアーファイナル、最後まで盛り上がっていくよー!』と意気込みを見せる。「Boys & Girls」では、観客とサビを大合唱! ライブ前半は盛り上がる楽曲で飛ばしながら、「Winding Road」では、バンド編成ながらもしっとりと歌いあげるうららの姿が印象的だった。

『改めましてみなさん、こんばんは! Salleyです。すごくたくさんの人にきていただけて嬉しいです! 上口君と、今日は落ち着いて行きましょうと言ってたんですけど、ね!(笑)』という、うららのMCに上口が笑うと、会場からは上口コールが沸き起こる。上口の少し照れた『ありがとうございます!』という感謝の言葉に、会場はさらに盛り上がりをみせた。

うららは『今日は雨降ってきちゃって、今年の梅雨は雨少ないなぁって思ってたら、降っちゃって!(笑) でも、これだけたくさんの人に来ていただけて、いい歌いい音いい音楽、いい空間をみなさんに届けていけたら良いなと思います! 最後までよろしくお願いいたします!』と話し、フロアからは拍手が湧き起こった。

ライブ後半では「スカイライン」「冬が来る」などライブで人気の高い楽曲たちを披露。観客全員で手を振り会場が一体となっていく。デビュー曲「赤い靴」でその盛り上がりは最高潮に達し、上口はギターを激しくかき鳴らしてバンド編成ならではの演出をみせた。ラストは「Home」でSalleyの思いを歌にのせ、本編を締めくくった。

鳴りやまないSalleyコールの中、再びステージに出てきた二人。『今回のワンマンライブでは本当にたくさんの人に支えられていることを実感しました。これからも多くの人にSalleyの音楽を楽しんでもらえるよう、進み続けます。』とうららは語る。アンコールラストの曲はライブでも演奏されることが珍しく、Salleyの2人が出会って初めて作った楽曲「その先の景色を」だ。ファンからはこの粋な演出に大歓声が上がった。

アルバム発売以降、バンド編成でのライブを積極的にな行ってきたSalley。その集大成をおしみなく披露したステージには、拍手が鳴りやまず、Salleyの音楽をおしみなく披露した一夜となった。10月1日(日)にはShibuya Milkywayにて主催イベントを開催予定との事なので、今後の活動にもぜひ注目してほしい。

Photo by 當摩果奈絵
【セットリスト】

1. Wonderland

2. Boys & Girls

3.言い訳ガール

4. Winding Road

5.小さな嘘

6.あたしをみつけて

7.Clear

8.セッション

9. SPECTRUM

10.kodama

11.スカイライン

12.カラフル

13.冬が来る

14.赤い靴

15. Agreed Greed

16.Home

-EN-

17.プレゼント

18.その先の景色を
【ライブ情報】

『Salley主催イベント』

10月1日(日) Shibuya Milkyway

※詳細は後日発表予定
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。