ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

佐野元春、2年ぶりのオリジナル・アルバムは “モダン・クラシックス”!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

佐野元春が2年ぶりとなるオリジナル・アルバム『MANIJU(マニジュ)』を7月19日にリリースすることがわかった。同作は佐野元春を筆頭に深沼元昭(Gui./プレイグス)、小松シゲル(Dr./ノーナ・リーヴス]、高桑圭(Bass/カーリー・ジラフ]、藤田顕(Gui./プレクトラム)、渡辺シュンスケ(Keys./シュローダー・ヘッズ)らで2005年に結成されたザ・コヨーテ・バンド名義による『COYOTE』(2007年)、『ZOOEY』(2013年) 、『BLOOD MOON』(2015年) に次ぐ4 作目となるオリジナル・スタジオ盤となる。
佐野元春 (okmusic UP's)

多彩でポップなサウンドが魅力の新作『MANIJU』は、サイケデリック、フォークロック、ニューソウルなどを現代的な解釈で再構築した、「佐野元春モダン・クラシックス」とでもいうべきサウンドに仕上がっている。リリックの面では、前作『BLOOD MOON』が実存的リアリズムで描く大人向けのロック・アルバムだったのに比べ、新作ではより若い都市生活者たちの憂いが描かれている。

アートワークは前作同様、ヒプノシスの流れを汲む英国のデザイン・チーム ‘StormStudios’ が担当。作品が持つロマンティックかつサイケデリックな雰囲気が視覚化されている。 また、レコーディングとマスタリング・エンジニアは長年、佐野元春 & THE COYOTE BANDのサウンドを手がけている渡辺省二郎とTED JENSEN(テッド・ジャンセン)。バンドのライブ・サウンドを生かすべくアナログ音を重視したサウンドに仕上がっている。

『MANIJU(マニジュ)』は特別編集盤(初回限定)、通常盤にアナログ盤の3形態でリリースされる。初回限定の特別編集盤には本編CDの他にバンドのフォトやレコーディング風景をデザインした100頁豪華アートブック、MVを収録したDVD、佐野自身のDJによる元春レイディオショー特別盤(CD)等、佐野元春監修のアートワークが満載。さらに先日NHK BSプレミアムで放送された「佐野元春ニューヨーク旅 ‘Not Yet Free’何が俺たちを狂わせるのか」内で公開された新曲『こだま – アメリカと日本の友人に』を無料ダウンロード出来るパスキーも封入される。

※ Maniju(マニジュ) とは

禅の言葉。誰の心の中にもある厄除けのまじないの珠のこと。マニジュは漢字で「摩尼珠」。摩尼は梵語マニ(mani) の音写。悪を去り、濁水を清らかにし、禍(わざわい)を去る徳をもつともいう。
アルバム『MANIJU』

2017年7月19日(水)発売

【特別編集盤(初回限定)】

※2CD+1DVD+100Pアートブック+新曲『こだま – アメリカと日本の友人に』DLパスキー封入

¥4,500+税

<収録内容>

■DISC ONE

通常盤と同内容

■DISC TWO

MUSIC VIDEOS(DVD)

01.白夜飛行/02.天空バイク/03.悟りの涙/04.朽ちたスズラン/05.純恋(すみれ)/06.禅ビート

Produced by Motoharu Sano/Directed by Kei Chikaura

■DISC THREE

元春レイディオ・ショー特別盤(CD)

01.天空バイク/02.現実は見た目とは違う/03.白夜飛行/04.悟りの涙/05.禅ビート/06.純恋(すみれ)

Produced by Motoharu Sano/Directed by Masaki Goto

【通常盤】(CD)

¥3,000+税

<収録曲>

01.白夜飛行 Midnight Sun

02.現実は見た目とは違う The Mirror of Truth

03.天空バイク Cosmic Bike

04.悟りの涙 (She’s not your) Steppin’ Stone

05.詩人を撃つな Dead Poets

06.朽ちたスズラン Let’s Forget

07.新しい雨 New Rain

08.蒼い鳥 My Bluebird

09.純恋(すみれ) Sumire

10.夜間飛行 Night Flight

11.禅ビート Zen Beat

12.マニジュ Maniju

【アナログ盤】

¥3,800+税

※初回限定盤

※通常盤DISC ONEと同内容

【ダウンローディング】

¥250(1曲)
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。