ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゲーム・アニメ分野でのVRビジネスの可能性はいかに「VRエンタメサミット2017」が開催 VRゴーグルの無料配布も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「Milbox」などのVRゴーグルを販売する株式会社WHITEは、ゲームやアニメなどのエンターテインメントコンテンツにおけるVRビジネスの可能性について話す「VRエンタメサミット2017」を2017年6月29日に東京にて開催することを発表しました。

ゲーム・アニメ分野でのVRビジネスの可能性はいかに「VRエンタメサミット2017」が開催 VRゴーグルの無料配布も

「VRエンタメサミット2017」は、VRの分野で活躍するゲームやアニメ等のコンテンツ制作に関わる方々が登壇するセミナーとなっています。本セミナーでは、VRビジネスの可能性や成功の秘訣などが語られるとのことです。

本セミナー前半は、ゲームの企画や開発などを行う株式会社gumiの國光宏尚氏や、アニメ制作などを手がける株式会社プロダクション・アイジーの郡司幹雄氏、VRアプリ「リゼロVR」などを制作する株式会社シーエスレポーターズ Gugenkaの三上昌史氏ら登壇し「エンタメ業界におけるこれからのVRビジネスの可能性や収益化」といったテーマの話が行われます。

また講演の後半では、株式会社WHITEの廣田憲幸氏がVRを活用したゲームやアニメのコンテンツを制作した担当者を招き、VR参入の背景やコンテンツ戦略、VR参入の成果などトークセッションを予定しています。

本セミナー参加者には、株式会社WHITEが製造・販売する「Milbox 2」が無料でプレゼントされます。

本講演スケジュールや内容は以下の通りになっています。

VRエンタメサミット2017のスケジュール

講演1(前半)

「エンタメ業界における、これからのVRの可能性について」
登壇者:株式会社gumi 代表取締役 國光宏尚氏

講演2

「VRコンテンツの収益化と展開について」
登壇者:株式会社プロダクション ・アイジー 企画室 執行役員 郡司幹雄氏

講演3

「VRビジネスのマネタイズ ホンネを語る!」
登壇者:株式会社シーエスレポーターズ Gugenka事業部 専務取締役 三上昌史氏

講演4(後半)

「VRコンテンツの普及とマネタイズについて」
登壇者:株式会社WHITE イノベーションデザイン局 VRマーケティングチーム チームリーダー 廣田憲幸氏

トークセッション

「キープレイヤー達が語る、VRエンタメビジネス成功の秘訣」
ファシリテーター:廣田憲幸氏
登壇者:株式会社スクウェア・エニックス 坂本師哉氏
    株式会社メガハウス コト創造プロジェクト 滝野耕平氏

紹介事例
・君と霧のラビリンス(坂本師哉氏/スクウェア・エニックス)
・BotsNew Characters VR ドラゴンボールZ(滝野耕平氏/メガハウス)
・キンプリVRおひるね撮影会(三上昌史氏/シーエスレポーターズ)
・攻殻機動隊 新劇場版 VIRTUAL REALITY DIVER(郡司幹雄氏/プロダクション ・アイジー)

VRエンタメサミット2017の概要

イベントタイトル

『VRエンタメサミット2017』〜キープレイヤー達がゲーム・アニメ分野でのVRビジネスの可能性を語る〜

開催日時

2017年6月29日 18:30から21:30(受付18:00)

開催場所

Speee Lounge 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル4階

定員

50

参加費

無料

本セミナーの申込みは、コチラのページから行えます。

(参考)
プレスリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。