ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Heavenstamp、渋谷WWWでの 2ndアルバム発売記念ワンマンライブが大成功!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今年5月10日に約 5 年ぶりとなる 2nd フルアルバム『天国印鑑を聴きなさい』をリリースした Heavenstampが、同アルバム発売記念ワンマンライブ『Listen to Heavenstamp』を6月16日に渋谷WWWにて開催した。
6月16日@渋谷WWW (okmusic UP's)

ライブは新作アルバムを中心に新旧織り交ぜた中から 21 曲を披露。バンドの持ち味である 90’s UK ルーツのビート感のあるロックサウンドを軸に、ここ最近では Superfly のシ ングルに曲を提供するほどソングライティングには定評のある Tomoya.S の作りだすグッドメロディーが会場に響いた。また、フロントに立つ Sally#Cinnamon は紫色の羽織を纏い凛とした佇まいで、その伸びやかな歌声を響かせ、まさに圧倒的な音楽の力を感じるスペシャルな空間が構築されていく。

満員のオーディエンスを煽り、ギターを激しくかき鳴らしたかと思えばハンド マイクで華麗にステージを闊歩するSally#Cinnamon。曲によって表情を変えながら時に憂いを放ち時に叫びを放つその歌声は、益々鋭さと切なさを増した歌詞の熱量をしっかりと伝えてえる。その圧倒的なパフォーマンスは、ここ数年バンドスタイルのみならず Tomoya.S とふたりだけのシンプルな編成でライブを重ねてきたことからも来るしなやかさと躍動感、自信から成っているものだろう。また、Tomoa.S が奏でる轟音ギターは空間を支配し、アルバムでも演奏を依頼したことからぴったり息のあったサポートプレイヤーとともにクオリティの高いパフォーマンスを繰り広げた。

彼らの真骨頂であろう、音楽だけで真正面から勝負するそのライブスタイルは必要最低限の MC を挟んだ以外はただひたすらに楽曲のオンパレード。まさに曲で勝負していく意思表明であるか のように、続けざまに演奏がなされていく。オーディエンスもその音楽に反応し酔いしれ、終始 手を挙げ、踊り、各々が自由に楽しむ様子が印象的であった。

本編ラストにはアルバムのリード曲である「Around the World」が演奏され会場がひとつに。両 手を挙げて涙を流す人、恍惚の表情を浮かべる人、、、音に浸るオーディエンスが全身で体感し大合唱している姿は圧巻だ。シンガロングする喜びに溢れる会場の一体感は、彼らが目指すライブでのひとつの到達点とも言える光景であった。

Heavenstampは7月7日に名古屋 CLUB UPSET での同企画ワンマンライブ、7月17日に渋谷 eggman にて緑黄色社会とのツーマンライブを控えている。
【リリース情報】

アルバム『天国印鑑を聴きなさい』

2017年5月10日発売

TENGOKU-001/¥2,500+税

<収録曲>

01. 愛を込めて、ウェンデイ

02. Plastic Boy Plastic Girl

03. 夏の抜け殻

04. カフェモカ(Latifa)
【ライブ情報】

『Heavenstamp ONEMAN LIVE ‘Listen to Heavenstamp’ in Nagoya』

7月07日(金) 名古屋CLUB UPSET 

open: 18:00 / start: 19:00 

adv: ¥3,500+1drink

『Newiee 02』

7月17日(月) 渋谷eggman 

open: 18:00 / start: 18:30 

出演:Heavenstamp、緑黄色社会

adv: ¥3,000 / door: ¥3,500 + 1drink
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。