ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

BABYMETAL、4000人SOLD OUTのLAワンマンで海外限定曲を初披露

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
BABYMETAL、4000人SOLD OUTのLAワンマンで海外限定曲を初披露

BABYMETALが16日(現地時間)、ロサンゼルス・The Palladiumにてワンマンライブを行なった。

約1年ぶりのロサンゼルスでのワンマンライブということもあってか、待ちわびた地元のファンを中心に会場前には公演日前日から長蛇の列が並び、SOLD OUTとなった約4000人の観客の高揚感に溢れた会場は熱気で包まれていた。

今回は初めてゲストアクトとして、元Panteraのヴィニー・ポールを中心に活動しているHELLYEAHを迎えての公演となった。

彼らの重厚なメタルサウンドに続いてBABYMETALが登場。昨年9月のTOKYO DOME公演以来のワンマンライブとなるが、今回はよりシンプルに、よりストイックにステージパフォーマンスを魅せ、RED HOT CHILI PEPPERSやGUNS N’ ROSES、METALLICAらレジェンドバンドとのツアーで積み上げてきた経験が生かされた内容で、気迫に満ちた貫禄さえも感じさせた。

「BABYMETAL DEATH」「あわだまフィーバー」「META!メタ太郎」など畳み掛けるような演奏とパフォーマンスで会場の熱気をどんどん上げていき、「メギツネ」「KARATE」ではSU-METALが英語でコール・アンド・レスポンスを促し更に盛り上げ、観客もそれにしっかりと応え、会場の一体感が最高潮に達し「THE ONE」で締めくくった。

ライブ終盤ではアルバム「METAL RESISTANCE」から海外盤にのみ収録されている「From Dusk Till Dawn」が初めて披露された。楽曲はもちろんのこと、披露されたダンスからもエモーショナルな荘厳さを感じさせ、「Road of Resistance」では一層の力強い歌声とパフォーマンスで会場をひとつにし、3人がさらに進化を遂げていることを感じさせるステージとなった。

長らく海外でのツアーが続いたBABYMETALだが、今夏には待望のJAPAN TOURを控え、7月からスタートする「5大キツネ祭りin JAPAN」が即ソールドアウトになったのを受けて「巨大キツネ祭り in JAPAN」として、さいたまスーパーアリーナ(9月26日、27日)、大阪城ホール(10月14日、15日)でのワンマンライブも決定した。26日からはオフィシャルホームページ先行がスタートする。

Photo:Tsukasa Miyoshi (Showcase)

関連リンク

BABYMETAL オフィシャルサイト(日本語)http://www.babymetal.jp/
BABYMETAL オフィシャルサイト(英語)http://www.babymetal.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。