体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

花畑・日の出・吊橋…デートにおすすめ!人生で一度は見たい夏絶景【関東近郊】

国営ひたち海浜公園

夏だからこそ見に行きたい景色!それは、暑さも吹き飛ぶ爽快な山や涼しげな海、満開の花々、朝日・夕日…。今回は、関東近郊エリアの人生で一度は見たい、夏だけの「旬」絶景をご紹介致します!叫んで爽快・今だけ満開・ひんやり涼しい・きらめく光…心のベストテン第1位に輝く風景を探しに出かけませんか?

記事配信:じゃらんニュース

国営ひたち海浜公園【茨城県ひたちなか市】

夏空の下で枝葉を広げ3万本の大輪が花開く。

国営ひたち海浜公園黄色の花畑が広がり、絵葉書のように美しい光景に出合える 国営ひたち海浜公園紫色の穂状が可憐なラベンダーは、香りの谷で栽培している

東京ドーム約43個分、開園面積約200haという広大な敷地に、四季折々の花を咲かせる都市公園。夏の主役はヒマワリで、見られる場所は2カ所。みはらしの里には約3万本で大人の背丈を超える花の迷路が造られ、みはらし台からは花畑を俯瞰で見渡せる。泉の広場フラワーガーデンには珍しい形や色、ユニークな名前のものなど、ヒマワリだけで約40品種も。7月は香り豊かなラベンダーや、鮮やかなオレンジのスカシユリも咲くので、目当ての花の見頃をチェックして。

■見頃

ラベンダー:7月上旬~中旬

スカシユリ:7月上旬~8月中旬

ヒマワリ:8月中旬

ここが「旬」!

広~い園内に花がいっぱい。夏は風が気持ちいいレンタサイクルで園内をめぐるのも◎。幼児用から二人こぎ用自転車まで揃ってます。(じゃらんスタッフ熊谷) 国営ひたち海浜公園

TEL/029-265-9001

住所/茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4

営業時間/9時30分~17時(7月21日~8月31日は~18時)

定休日/月(祝日の場合は翌日の火、7月21日~8月31日はなし)

料金/入園料大人410円、小中学生80円

アクセス/電車:JR勝田駅より茨城交通バス海浜公園南口行きで25分、海浜公園南口より徒歩すぐ

車:常陸那珂有料道路ひたち海浜公園ICよりすぐ

駐車場/4350台(510円/1日)

「国営ひたち海浜公園」の詳細はこちら

河口湖ハーブフェスティバル2017【山梨県富士河口湖町】

富士山を見渡す湖畔の公園がラベンダーの香りで包まれる。

河口湖ハーブフェスティバル2017大石公園から霊峰×湖×ラベンダーの共演を眺めて

■開催日/6月16日~7月9日(大石会場は~7月17日)

夏の訪れを知らせるラベンダーが河口湖畔の2つの公園で開花。メイン会場は湖南側にある八木崎公園で、紫色の花畑が一面に広がり、地元の名産品を販売するテントやステージイベントで大賑わい。写真を撮るなら河口湖大橋を渡って、湖北ビューライン沿いにある大石公園へ。湖越しに富士山がそびえ、画角にラベンダーも入れたフォトジェニックな写真が撮影できる。7月1日の20時~は、富士山の山開きを記念して、花火大会が開催されるから、夜まで楽しむのもおすすめ。

ここが「旬」!

ラベンダーだけでもきれいなのに、富士山と河口湖まで一緒に眺められる最高のロケーション!一度は見てほしい初夏の絶景です。(じゃらんスタッフ桜沢) 河口湖ハーブフェスティバル2017

TEL/0555-72-3168(富士河口湖町観光課)

住所/(1)八木崎公園:山梨県南都留郡富士河口湖町小立923(2)大石公園:山梨県南都留郡富士河口湖町大石2585

営業時間/9時~18時(大石公園は~17時)

定休日/期間中はなし

アクセス/電車:富士急行河口湖駅より富士急行バス西湖周遊バスで12分、八木崎公園より徒歩すぐ(大石公園へは河口湖周遊バスで32分、河口湖自然生活館より徒歩すぐ)

車:中央道河口湖ICより八木崎公園まで10分、大石公園まで20分

駐車場/八木崎公園内 ※大型車不可、大石公園グラウンド

「河口湖ハーブフェスティバル2017」の詳細はこちら

三島スカイウォーク【静岡県三島市】

空を歩いて富士山を見渡す日本最長の400mの吊橋

三島スカイウォーク富士の左右対称に広がる裾野と頂上の形まで見える 三島スカイウォーク景色がよく見えるように歩道側面はメッシュ構造で、吊材の間隔も広め

箱根峠と三島市街地の中間にある箱根西麓に1年半前、大吊橋が誕生し、絶景新名所として話題に。吊橋は全長400mもあり、歩行者専用として日本一!高さ70.6mの橋上からは富士山や駿河湾が大パノラマで望め、名前の通り、空を歩いているような爽快感が味わえる。時にゆらゆらするのは、風の抵抗を少なくして、あえて適度に揺れるように設計されているから。主塔やメインケーブルは、1平方メートル当たり体重200㎏のお相撲さんをのせられるほど堅牢な造りだからご安心を。橋を渡って北エリアに行くと、遊び心ある散策路が。間伐材で作った卵形のキャラクターや仕掛けを探しながら、森の中を楽しく散策できる。ひと休みにはカフェやショップがある橋の南エリアへ。富士山麓の牧場産ミルクで作るソフトクリームや名物みしまコロッケで休憩し、花々が天井を埋め尽くすスカイガーデンでは、伊豆や箱根のお土産を購入しよう。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。