体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東洋占星術をもとにした毎週の占い。6/19-6/25の運勢をチェック!

kyamera2

毎日をより楽しくハッピーなものにするために、キラが東洋占星術をもとにアドバイスします。

fortune reading KIRA(http://twitter.com/kineko8

photo Kyozan Ueda

あなたの星の出し方

 
まず、生まれた年の西暦の各数字を、1から10のいずれかになるまで足してください。
次に、11からその数字を引いて出た数があなたの星のナンバーです。

例1976年生まれの場合

1+9+7+6=23

2+3=5

11-5=6

1976年生まれの人のナンバーは6になります。

ただし、1月1日から2月の節分までに生まれた人は前の年の星になります。例えば1976年1月18日生まれの人は1975年生まれとして計算してください。

 6/19-6/25の運勢

1・水の星の人

6月の全体運 準備運の月ではあるのですが、見通しは明るく、運気は上昇気流です。ここでいかに頑張るかが、重要。今後の運勢を左右することになりそうです。
幸運を招く方角 西
ご利益フード  フィッシュ&チップス

今週の運勢(6/19~6/25)
真面目さや誠実さを大切にしたいタイミングです。特に人間関係において、あなたのそういったところがクローズアップされることになりそうです。ひとつひとつ、ひとりひとりに対して、真摯な対応を心がければ、必ずプラスの評価につながっていくはず。また、AかBか、どちらにするべきか迷うようなことがあったら、より現実的であったり、確実な方を選ぶようにしましょう。異性に対しても同様に、うわべよりも中身を重視するのが良さそう。しっかりとした考えを持っていたり、堅実な人に注目してみてください。
23日は周りをよく見渡すということが必要になりそう。自分のことよりも相手の意見を尊重することで、話し合いがスムーズにいったり、雰囲気が和やかになりそうです。25日はラッキーデー。家族やパートナー、友人など、気の置けない人と過ごすのがオススメ。美味しいモノを食べに行くと、日頃のコミュニケーション不足が解消できそうです。

2・大地の星の人
6月の全体運 勢いのある月です。気持ちが大きくなったり、やる気がむくむくと湧いてくるようなこともありそうです。どんなシーンにおいても周りにいる人たちと足並みを揃えることが最も大切になりそうです。
幸運を招く方角 北東
ご利益フード  海鮮サラダ

今週の運勢(6/19~6/25)
新鮮なことからエネルギーを貰えるタイミングです。もしも、なかなか思うように進まなかったり、上手くいかないことがあるのだとしたら、思いきって、発想を転換させてみることをオススメします。古い考えや固定観念に縛られていてはいけません。年下の人の意見を参考にするのも良さそう。また、気持ちが滅入ったり、テンションが下がってしまったら、新しい洋服に袖を通したり、新商品のお菓子を試してみるのが、気分をアップさせてくれるのに効果的のようです。
20日はラッキーデー。自信を持つことが大切になりそうです。下を向くよりも、上を向いて、胸を張っていきましょう。24日はあなたの良いところを認めて貰えたり、あなたらしさを存分に発揮できそうです。

3・雷の星の人
6月の全体運 勢いのある月です。人と人との「つながり」や「コミュニケーション」が重要な意味を持つことになりそうです。
幸運を招く方角 南西
ご利益フード  タンドリーチキン

今週の運勢(6/19~6/25)
身近なところよりも、遠く離れたところにツキがあるタイミングです。最近、めっきりご無沙汰してしまっている知り合いや、転勤中の旧友などと連絡を取ってみるのもオススメです。他県や、海外に住む人、外国人の異性などと親しくなれる可能性も高くなっています。また、あちこち探してもなかなか見つからなかったアイテムやアイディアが、旅先やインターネットであっさり見つかることもありそうです。
19日はラッキーデー。言葉で説明するよりも、実際に行動で示すことで、相手に共感して貰えたり、バックアップを得ることができそうです。23日の社交運は吉。気になる人にはあなたの方から声を掛けてみるのも良さそうです。飲み会をはじめ、出会いの場に行ってみるのもオススメです。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。