体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GLIM SPANKY、大阪城音楽堂ワンマンも大盛況のうちに終了!

GLIM SPANKYが、6月17日(土)に大阪城音楽堂で『GLIM SPANKY 野音ライブ 2017』を行なった。日中の暑さにもかかわらず、会場内は大勢の人で埋め尽くされた。日比谷野音でのライブの模様を知った上で、駆け付けたファンも多いようだ。
6月17日(土)@大阪城音楽堂 (okmusic UP's)
オープニングの登場シーンでは、メンバーが一人一人登場し、まずは「アイスタンドアローン」を演奏。演奏後「こんにちはGLIM SPANKYです」と言うと待っていた観客からの大歓声に包まれる。曇り空で多くの樹木に囲まれ、時々吹くそよ風が、ステージ上の雰囲気と重なり合っていて、とてもよく似合っている。続いて「E.V.I」「時代のヒーロー」を演奏。後方の芝の上では寝転がってリラックスしながら聴いている人もいる。家族連れの方もいる。次の「褒めろよ」で一気に場内のボルテージを上げ、観客も掛け声とともに盛り上がり、曲の最後で亀本がギターのソロで前に出ると、そのビートに合わせて、さらに盛り上がった。引き続き、亀本のギターのソロから入った「ダミーロックとブルース」、曇った空の幻想的な雰囲気と曲が合った「闇に目を凝らせば」。松尾の声が自然の中に溶け込んでいく様子で、会場全体とても心地良い雰囲気を醸し出している。続いての「NIGHT LAN DOT」では、最後の松尾のアコースティック・ギターの音まで自然に溶け込ませている。「MIDNIGHT CIRCUS」の冒頭部分では各楽器でセッションをおこない曲に入り、バンドならではの演奏シーンを披露。芝生では家族連れの子ども達が遊んでいる。

松尾はギターを置いて、両手を前に繋いで歌う、松尾の声がとても印象に残り、大自然の中に響き渡った「お月様の歌」。松尾は「自然の中に合う曲もやるし、きっと、みんなで歌えるような、歌うか歌わないかはみなさんの自由ですが、自由に楽しめる曲をいっぱい用意してきたので、今日はよろしくお願いします!」と言うと大歓声が沸き起こった。その通りに場内も立ってみる人・座ってみる人・寝転がってみる人・遊ぶ人と様々だ。「風に唄えば」「太陽を目指せ」「Freeder」とテンポの良い楽曲が3曲続いた後に、座っていた人も冒頭から立ち上がった「NEXT ONE」。ドラムの一定の重低音をベースとした重厚感のある楽曲に両手をあげて手拍子する観客。続いて「いざメキシコへ」、メンバー紹介を入れての「Gypsy」。昨年、映画『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌となり、大ヒットした「怒りをくれよ」を演奏し、場内を大いに盛り上げた。

松尾は葉巻の箱で作られた、シガーボックス・ギターに換えて「夜風の街」を披露。ブルースロック調のこの曲は、とても大阪の街に似合っている。シガーボックス・ギターの音色を最後まで響き渡らせていた。そして、テレビ朝日系列『警視庁・捜査一課長 season2』主題歌となった「美しい棘」を披露。野外で聴く、このメロディーはとても聴き心地が良く、観客も少しだけ体を揺らしながら、演奏を聴き入っている様子だ。

アンコール演奏前には、9月に3rdアルバムを発売することを告知し、松尾は「GLIM SPANKYなりの攻めで、日本語だけど、世界の人に届けられるアルバムになると思います。」と話すと大歓声に包まれた。そして、松尾が思いっきり息を吸い込んで歌い始めた「大人になったら」。最後に「ワイルド・サイドを行け」を演奏し、全20曲を披露。夜になっても暑さ冷めやらず、来場者を大いに盛り上げた。

ライブ中の告知であったように、9月に3rdアルバムを発売し、10月に全20公演となる全国ツアーが開始となり、来年1月には台湾、香港でワンマン公演が決定したGLIM SPANKY。9月のアルバム詳細と、台湾・香港の詳細は後日発表される。今から待ち遠しい限りだ。日本での勢いは、さらに上昇し、いよいよ世界の舞台へと踏み始めたGLIM SPANKY旋風。その勢いはとどまるところを知らない。GLIM SPANKYにとって、今年の夏は昨年よりも熱くなりそうだ。

Photo by ハヤシマコ
全国ワンマンライブツアー情報

10月14日(土)長野県 長野 CLUB JUNK BOX

10月15日(日)長野県 松本 ALECX

10月20日(金)熊本県 熊本 B.9 V1

10月22日(日)福岡県 福岡 DRUM LOGOS

10月28日(土)北海道 札幌 PENNY LANE24

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。