体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Fiction Issue: ワカモノ考 #01 Interview with Kazuki Iwabuchi

NeoL_kazuki_iwabuchi_Untitled (65)

「ユースが消費されている」と思うようになったのはいつからだろう。メディアにはミレニアル世代を形容するありとあらゆる言葉が並んでいる。そこで描かれる彼らは、なんでもやってのけてしまいそうで、力強くも見える。でも、そうである必要は何もない。彼らは商品じゃない。弱くても、悩んでいても、何者でなくても、たとえ何者にもなれなかったとしても、魅力的なユースはいる。足りないのは、今のユースの本当の姿を、出来るだけまっすぐに伝えるということ。ただそれだけ。

日本の新人写真家の登竜門とも言えるキヤノン主催の公募コンテスト、写真新世紀が今年も開催される。著名な写真家を多く輩出してきたこのコンテストに参加を決めたユースのありのままの姿とは。公募締め切りを目前に控えた6月12日、応募者の一人である岩渕一輝氏に今の心境を語ってもらった。

——今回写真新世紀に応募した作品は岩渕さんのお祖父さんが亡くなるまでを記録されたものですよね。

岩渕「そうです。今回の写真が自分の写真家としての第一歩になったらいいなと思って応募しました。それくらい自分にとって意味のある写真だったんです。お祖父さんが与えてくれた最後のもので、最高のプレゼントでした」

——私も作品を見せていただいたとき、すごく心に届くものがあるなと思いました。人の「死」という悲しい事柄を切り取っているはずなのに、強いパワーを感じたんです。

岩渕「『容態が変わった、もう保たないだろう』と岩手の実家から連絡をもらったとき、ふと、いまなら何か撮れるかもしれないという気がして、カメラを持って帰省したんです。岩手に着いてからは、お祖父さんの病室で無我夢中でシャッターを切りました。写真の中には、悲しいとか寂しいとかいう感情は入っていません。ひたすら冷静に病室で写真を撮り続けていたから、悲しくなる時間もあまりなくて。泣いたのは3回だけです」

——その3回はどんな時でしたか?

岩渕「1度目は病院の先生から『○時○分、ご臨終です』と言われたとき。残りの2回は棺に遺体を入れて蓋を閉めたときと、火葬の着火ボタンが押されたとき。死を実感した瞬間だけですね。あの写真にとってお祖父さんが死んだっていう事実は、そんなに重要ではないんです。お祖父さんという被写体を淡々と撮り続けるだけで、何も考えていませんでした。出来上がった写真を見てはじめて、写真でこんなことが出来るんだと気付かされました。死じゃないものが撮れていたんです。お祖父さんの身体が新しい生命体みたいに写っていました」

Kazuki_Iwabuchi_Untitled (30)

——写真の可能性に気付いたという岩渕さん自身の“変化”がさらにあの写真を意味付けしているのかもしれませんね。

岩渕「いつも端っこにいて何のグループにも属せなかったから、認められたい、僕を認識してもらいたいという気持ちが常にありました。上京して、ファッションスナップを撮られたいからおしゃれをするようになったけど、結局大したことなくて。じゃあ撮る側になってみようかな、とカメラを持つようになったのがきっかけです。人に見られることが前提でスタートしているから、撮り始めたころはこんなにいい写真が撮れたとか、綺麗な写真が撮れたっていうので満足していました。だけど、だんだんそうやって“誰かに見せるための写真”を撮っていることに疲れてきて、一時期少し写真から遠ざかるようになったんです。そんな時に久しぶりにカメラを構えたいと思わせてくれたのが、お祖父さんの死でした。そうして撮ったものが、自分が今まで撮ってきたものとは全く別の、写真としての機能を果たしていたことに気付いたんです。写真から新しい自分を発見できたような気がしました」

——自分を見つめ直したり、新しい発見をしたりする方法は、写真を始める前にもありましたか?

岩渕「ありません。強いて言うなら、他人から指摘されることが自分を見つめ直すためのたったひとつの方法でした。写真を始めたことで、客観的に自分を見つめることができるようになって、やがて写真を通してでなくてもその視点を持つようになりました。今の自分を客観的に見たとき、“誰かに見てもらう”ということにそんなに重点を置いていなかった。その事に気付かせてくれたのが、あのお祖父さんの写真でした。でもそうは言っても、やっぱり誰かに評価されたいという欲からは抜け出せていないんですけどね。ヘンリー・ダーガーっていう引きこもりの男性が生涯をかけて書き上げた世界最長の小説があって。その作品は彼の死後全くの他人によって発見された、というのを聞いて、僕だったらそれは嫌だなと思ってしまったんです。自分の作品が表に出ないまま死んでしまうなんてやっぱり嫌だと思います。認められたいという欲から抜け出せたらそれは一番いいのかもしれないけれど、所詮僕だから、結局そこから抜けることはないんだろうなって」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy