体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マスカラ選びのポイントは年齢によって変わる!?女性のマスカラ事情を大調査!

マスカラ選びのポイントは年齢によって変わる!?女性のマスカラ事情を大調査!

メイクに必須アイテムのマスカラ、選ぶときあなたは何を重視してますか?

マスカラはアイメイクには欠かせないアイテム。
皆さんはマスカラを選ぶとき、どのようなポイントを重視していますか?

株式会社伊勢半が展開する耐久メイクブランド「ヒロインメイク」が実施した、「マスカラ選び」をテーマにした投票企画およびアンケート調査によれば、面白い結果が見えてきたようですよ。

10万人が投票! マスカラは「耐久カール派」? それとも「ラクOFF派」?

現在、市販のマスカラは、お湯などで落としやすい「フィルムマスカラ」と、耐久性にすぐれた「ウォータープルーフマスカラ」の2種類が主流となっています。
一方で、クレンジングが手軽なマスカラはカールがとれやすく、耐久性にすぐれたマスカラは落としにくいという不満も多いものです(※1)。
※1 2017年2月 当社調査より

それでは、こうした中で、世の女性たちは、「耐久カール」(カールの持続性)と、「ラクOFF」(マスカラクレンジングの手軽さ)、どちらをより重視しているのでしょうか。
アンケートに答えていただいた10~30代女性45,064名の回答を分析したところ、年代や居住地によって、マスカラ選びにおいて重視するポイントが異なることがわかりました。

「カール重視」から「落としやすさ重視」へ……年齢によって変化する「マスカラ選び」

はじめに、年代別に「耐久カール派」or「ラクOFF派」の割合を調査。
10代では「耐久カール派」が約6割(58.1%)となり、落としやすさよりもカールを重視する人のほうが多数派に。続く20代においては、「ラクOFF派」の割合がやや増加。ただし、それでも「耐久カール派」が過半数(53.7%)にのぼっています。しかし、30代のグループになると、割合が逆転。僅差ではありますが、「ラクOFF派」(51.4%)が「耐久カール派」(48.6%)の割合を上回りました。調査結果からは、若い世代ほどカールの持続性を重視しており、年齢を重ねるにつれて、カールよりも落としやすさを優先する人が増える傾向にあることがわかります。

さらに、年齢別に細かくみると、下記のような結果になりました。

「耐久カール派」が一番多いのは20歳。そのまま27歳までは「耐久カール派」が優勢ですが、28歳から30歳の間では「ラクOFF派」が逆転するなど、アラサー世代の迷いが感じられる結果となりました。また、30代は「ラクOFF派」優勢ですが、30代の終わりに差し掛かると、再び「耐久カール派」の支持が高くなっています。

地域別に大調査! 全国47都道府県の「マスカラ選び」事情とは?

続いて、都道府県別に「耐久カール派」「ラクOFF派」の割合を調査したところ、次のような結果になりました。

県民性も影響…? 「耐久カール派」TOPは山形県、「ラクOFF派」TOPは福井県

「耐久カール派」が多い都道府県TOP3は、「山形県」「山梨県」「秋田県」。特に、1位の「山形県」と3位の「秋田県」については、今回の調査結果以外に、人口10万人当たりの理容・美容所数でツートップ(「山形県」は2位、「秋田県」は1位)となっているデータ(※1)などもあり、もともと美容への関心が高い人が多い地域であると考えられます。マスカラの落としやすさよりも、カールの耐久性を重視しているのも、女性たちの「美意識の高さ」があらわれた結果と言えそうです。

一方で、「ラクOFF派」が多い都道府県TOP3は、「福井県」「沖縄県」「山口県」となりました。1位の「福井県」は、「女性の労働力化が進む県」として知られており、総務省の調査(※2)によると、同県の女性の労働力人口比率は全国で第1位。また、共働き世帯の割合も全国第1位です。こうした背景をふまえると、働く女性が多いからこそ、仕事が忙しくても手早く落とせる「ラクOFF」を重視する傾向にあるのかもしれません。
※1:総務省統計局『統計でみる都道府県のすがた2017』「理容・美容所数(人口10万人当たり)」より
※2:「平成22年国勢調査(総務省統計局)」より

「ラクOFF派」or「耐久カール派」が拮抗! 東京・大阪・愛知の「マスカラ選び」事情

1 2次のページ
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。