ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「クリーンディーゼル」の旧型ミニ クロスオーバーもついにお手頃ゾーンへ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
▲扱いやすいサイズで、洒落ていて、それでいて何かと経済的で……と、そんなSUVを探している人は、ぜひこちらの旧型ミニ クロスオーバーの「ディーゼルターボエンジン搭載グレード」にご注目を!

▲扱いやすいサイズで、洒落ていて、それでいて何かと経済的で……と、そんなSUVを探している人は、ぜひこちらの旧型ミニ クロスオーバー「ディーゼルターボエンジン搭載グレード」にご注目を!

廉価版の「ワン」とガソリンのクーパー系はすでにお手頃だったが

今年2月に新型が登場した影響でしょうか、旧型ミニ クロスオーバー(R60)の相場がそこそこ下がっています。しかし特に注目したいのは、旧型クロスオーバー全般の相場というよりは「クリーンディーゼル搭載グレードの相場も下がり始めた」という点です。

旧型ミニ クロスオーバーは、11年1月に登場したミニ一族のSUVモデル。ハッチバックより120mm高い全高や、高い位置に設定されたシートポジション、そして(当時)シリーズ最大のボディサイズなどにより、何かと自由度の高いキャラクターが与えられたクロスオーバーモデルです。

で、そのなかでも「ワン」という最もベーシックなグレードは、比較的早い段階からお手頃化していました。新車価格は265万~288万円でしたが(時期により微妙に異なります)、ある頃から100万円台後半の物件が目立つようになり、直近では車両120万~150万円付近でまずまずの物件が探せます。

それはそれで結構なのですが、ワンのエンジンは、旧型クロスオーバーの車体に対して正直やや非力かな? と思える部分もあります。走らないわけではありませんが、車両重量1320kgの車に最高出力98psの1.6Lノンターボエンジンというのは、人によっては物足りなさを感じるかもしれません。

まぁそれゆえ、ワンの中古車相場は比較的早くからお手頃化したわけですが、その次のタイミングで、中間グレードである「クーパー」と、高出力版の「クーパーS」がそこそこお手頃になりました。

ワンと同じノンターボながら最高出力122psまでチューンされているのがクーパーで、こちらは今、ワンとほぼ同じ120万~150万円付近でまずまずの物件を探すことができます。そしてクーパーSというのは、ターボチャージャーの追加により最高出力184psを発揮する上級グレード。そのクーパーSは今、150万~200万円あたりが注目の価格帯です。

▲こちらが旧型ミニ クロスオーバーのクーパーS。ガソリンの1.6L 4気筒エンジンにターボチャージャーをプラスしたパワフルな上級グレードです

▲こちらが旧型ミニ クロスオーバーのクーパーS。ガソリンの1.6L 4気筒エンジンにターボチャージャーをプラスしたパワフルな上級グレードです

▲こちらは中間グレードといえるクーパー。ノンターボの1.6Lガソリンエンジンですが、ワンと比べればなかなかパワフルで、普通に使う分には十分以上といえるでしょう

▲こちらは中間グレードといえるクーパー。ノンターボの1.6Lガソリンエンジンですが、ワンと比べればなかなかパワフルで、普通に使う分には十分以上といえるでしょう

で、ここへきてついにディーゼルターボ系が200万円台前半に

ということで、決してワンのことを誹謗するわけではないのですが(近場の移動がメインな人には悪くない選択かと思います)、旧型ミニ クロスオーバーという車にそれなり以上の動力性能を求めたいならば、クーパーまたはクーパーSが、ちょっと前まではイチ推しでした。

そう、「ちょっと前までは」です。

なぜならば冒頭で軽く申し上げたとおり、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「クーパーD」と「クーパーSD」がけっこうお安くなってきたからです。具体的には車両価格200万~250万円付近で、走行距離がきわめて少ない好条件車を探せてしまいます。200万円ちょいというのは、中古車としては決して「安価」ではないかもしれません。しかし341万円(クーパーD)/387万円(クーパーSD)という新車時価格から考えれば「なかなかお手頃!」とは言えるのではないでしょうか。

高出力なガソリンエンジンを搭載するクーパー/クーパーSもステキですが、ディーゼルエンジンのクーパーD/クーパーSDは(筆者が思うに)さらに輪をかけてステキです。

まず第一に出足が違う。ディーゼルターボエンジンというのはその特性上、トルクが極太ですので(要するに“かなりの力持ち”ということ)、信号待ちからの軽いアクセルひと踏みでグイグイ前へ進みます。これは「青信号になったらダッシュでぶっ飛ばそうぜ!」という話ではありません。そういった力持ちな車というのは、そうでない車よりも運転するのがラクなのです。で、ラクなので疲労が少なく、結果として安全に運行できる可能性が高まるわけです。

特に長距離運転は、ディーゼルターボエンジン搭載車の超得意分野です。前述のように極太トルクですので、アクセルペダルに軽~く足を乗せているだけで車はスイ~ッと進んでいき、上り坂にさしかかっても、その足にほんの少々力を込めるだけでグイグイと上っていきます。これは一度体験すると多くの人がハマる、ディーゼルターボ車の大きな魅力といえるでしょう。

▲ほんの少々アクセルペダルを踏むだけで矢のように突進するディーゼルターボ系の旧型ミニ クロスオーバー。「クーパーD」は最大トルク270N・mで、上級版のクーパーSDは最大トルク305N・mとかなり強烈です

▲ほんの少々アクセルペダルを踏むだけで矢のように突進するディーゼルターボ系の旧型ミニ クロスオーバー。「クーパーD」は最大トルク270N・mで、上級版のクーパーSDは最大トルク305N・mとかなり強烈です

燃料代も経済的で、旧型ならではの小ぶりなサイズも魅力

そしてディーゼル車は燃料費も安いわけです。

地域にもよりますがハイオクガソリンの値段は今、135円/Lぐらいでしょうか? それに対してディーゼルエンジンに使う軽油は100円/Lとか103円/Lとか、おおむねそのぐらい。……この差はなかなかデカいわけです。さらにカタログ燃費も、ガソリンエンジンであるクーパー/クーパーSと比べてクーパーD/クーパーSDの方が微妙に良好。総合的に見た燃料費は、けっこうな差が生じるでしょう。

そんなこんなの旧型ミニ クロスオーバーのクリーンディーゼル系が、しかもその好条件物件が、車両価格200万円付近からイケるようになったわけです。

登場したばかりの現行型を新車で狙うのも悪くないですが、現行クロスオーバーはボディサイズがかなり大きくなりましたので、もはや「別のジャンル」です。扱いやすいサイズで、しかし十分なスペースユーティリティがあって、よく走って、経済的で、なおかつブランドイメージ良好。……そんなSUVをお探しの方は、ぜひぜひ旧型ミニ クロスオーバーのクーパーDおよびクーパーSDに注目してみてください。

▲リアシートは写真のとおりの分割可倒式。荷室の容量は、コンパクトSUVなので「広大!」というわけではありませんが、床下のスペースなども上手に使えば大物や長尺物もそれなりに収容可能です

▲リアシートは写真のとおりの分割可倒式。荷室の容量は、コンパクトSUVなので「広大!」というわけではありませんが、床下のスペースなども上手に使えば大物や長尺物もそれなりに収容可能です

【関連リンク】

車両価格250万円以下の旧型ミニ クロスオーバー クーパーD/クーパーSDをチェックしてみるtext/編集部

photo/BMW

関連記事リンク(外部サイト)

車両価格250万円以下の旧型ミニ クロスオーバー クーパーD/クーパーSDをチェックしてみる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。