体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

千店を食べ歩いた達人が選ぶ、東京のおいしい餃子店

千店を食べ歩いた達人が選ぶ、東京のおいしい餃子店
J-WAVEで放送中の番組「SEASONS」(ナビゲーター:マリエ)。6月17日(土)のオンエアでは、おいしい餃子のお店を「東京餃子通信」の塚田亮一編集長が厳選し、山中タイキがお店から生レポートしました!

塚田さんは、餃子専門ブログ「東京餃子通信」を通して、自身の足で食べ歩いた1000店以上のお店を紹介。そんな餃子の達人が選んだ「何度もリピートしたくなった餃子の名店」に山中が直接行ってきました!

まず最初に選んだお店は、中野の「Wing Village」。「餃子バー」という新たなスタイルで、落ち着いたシックな空間で餃子とお酒が楽しめます。皮から手延べで作っているのが特徴で、もちもちしたなかにゴロゴロとした肉、という食感とうまみがたっぷり凝縮された餃子だそうです。

次に紹介したのは、新宿御苑前にある「随園別館」。50年以上続く北京料理の老舗で、中国から来た点心師が作る水餃子が人気です。皮のもちもち感と肉汁があふれる食べ応えのある餃子で、専用のタレとともに楽しめます。タモリさんもよく訪れていたという名店で、店内は中国語が飛び交い、本場の雰囲気を醸し出してるとか…。ちなみに「別館」と名乗りつつも本館は存在しないそうで、実は風水で「別館とつけると良い」と言われたことから名付けたそうです。

最後のオススメのお店は赤坂の「??」。テイクアウトにも最適な餃子で、お酢と胡椒で食べるタレが特徴。餃子の餡に深い味付けがされており、ジューシーな味が楽しめます。

番組のエンディングでは、山中が「??」の餃子を携えてスタジオに帰還。マリエも餃子を堪能し「おいしい」を連発していました。塚田さんが1000店の中で敢えて「何度も行きたい」と選んだお店の餃子、ぜひチェックしてみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SEASONS」
放送日時:毎週土曜 12時−15時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会