ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

James Arthur、バンド活動のきっかけの曲

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

James Arthur、バンド活動のきっかけの曲
J-WAVEで放送中の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「MEMORY TUNES」。6月17日(土)のオンエアは、James Arthurさんに思い出の曲をお聞きしました。

James Arthurさんといえば、5月に来日して素晴らしいライブを見せてくれました。そんな彼の思い出の曲はBad Companyの「Bad Company」だそうです。

「学校から帰るときに、オヤジが車の中でずっと、70年代と80年代のロックをかけてくれてたんだよね。その中でも、どの曲にしようかと悩んだんだけど、Bad Companyの『Bad Company』にしました。この曲を聴いて『将来、バンドをやってみたいな』って思ったんだ」とのこと。

まさに音楽と出会うきっかけになった曲だそうです。ところで「company」と聞くと会社、と思うところですが、ハリーによると別の意味もあるそうです。

「『Good Company』なら、一緒にいて楽しい人。それなら『Bad Company』は、最悪の仲間!? となりそうですけど、『bad』は”悪い”という意味のほかに”めっちゃ良い!”という意味でも使うじゃないですか。まさにこの良い意味の使われ方をしています。いろいろな解釈があると思うけど、この曲では『bad』を『カッコいい』の意味で使ってると思うんです」と解説。

さらに、ハリーはJames Arthurの曲について「『Say You Won’t Let Go』のような、バラード調で心に触れるような曲も良いし、僕はロックンローラーとしてのJames Arthurも知ってほしいです。James Arthurのことを、覚えておいてください」と、心を込めて紹介しました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP OF THE WORLD」
放送日時:毎週土曜 6時−8時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。