体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「今日のエスコバル」第8回:エスコバルの大失恋。

Image

先日、ブライアン・クランストン主演の『潜入者』http://sennyusha.com/)を観た。FBIの潜入捜査官の手記を元にした実録もので、主人公が暴こうとしているのはメデジン・カルテルのマネーロンダリング疑惑。エスコバルは(一瞬しか)映らないが、裏社会に顔が利く富豪を装ってメデジン・カルテル幹部に接触し、ニセの婚約者まで仕立てて家族同然の付き合いをするという、にわかには実話とは思えない壮大な潜入捜査プロジェクトが描かれていた。
 
ここでもちょろっと出てくるのが、CIAとメデジン・カルテルが癒着していたという話。CIAがカルテルのマネーロンダリングに手を貸し、それで得た利益を諜報工作の費用にしていた、というのだ。FBIやDEA(麻薬取締局)がカルテルの摘発に躍起になっているのに、CIAが正反対のことをしている矛盾。いや、CIAは国外工作をする組織だから、麻薬戦争にはむしろ利用価値を見出していた、ということか。
 

【第八話:賄賂上等!エスコバル流選挙キャンペーンはじまる】

さて、ドラマシリーズの話に戻る。いよいよエスコバルが国会議員の椅子を狙って動き出す第八話……なのだが、なんでか冒頭は、前回ブラジルでチョメチョメしていたサンバダンサーズをお膝元のナポリス農園に呼び寄せて、カルテルの盟友であるモトーア兄弟らをピンク接待していたパーティーである。そしてけしからん気配を察した妻のパトリシアが、子供を連れて突然自家用ヘリで押しかけくるのである。
 
「まずい!このままじゃ乱痴気パーティーがバレる!サンバダンサーを隠さなきゃ!」
 
コレ、完全にコントでしょう。そういえば大河ドラマの「新選組!」では山南敬助が切腹に追い込まれる名エピソードの翌週に、近藤勇が妾を囲ったら本妻が訪ねてきててんやわんやって回をやっていた。あの落差は確信犯的で、凄味すら感じられたものだが、こっちのドタバタはちょっと小休止程度の軽さ。ただ、どんなに申し開きできない状況でも、逆切れしたり仕事の話を持ち出したり、強弁だけでその場を乗り切ってしまうエスコバルはさすが。夫にも上司にもしたくないが、理屈の通らない世界を仕切る器ではある。
 
冒頭11分かけて痴話騒動から夫婦の仲直りまで描いた後は、いよいよエスコバルの選挙活動がスタートする。
 
「ナルコス」ではエスコバルがカネと暴力をチラつかせて政治家を利用している雰囲気だったが、こちらのシリーズの政治家オルティスはもっと食えない狸親父。メデジン・カルテルの後ろ盾を得て票集めをするだけでなく、エスコバルを弟子扱いして優位に立とうとしている。危険な賭けだが、政治の世界ではヒヨッ子なエスコバルにとっては頼れる先輩だ。
 
前回も触れたが、エスコバルは清廉潔白を旨とする大統領候補ガランの政党・新自由主義党から出馬しようとする。真っ黒な麻薬王のくせに、ピュアな学生が活動家に憧れるようにガランのことを尊敬しているのだ。可笑しいのは、メデジンに遊説に訪れるガランを歓待したいエスコバルの張り切りっぷりで、「ガランさんを農園でもてなしたい、彼の好きな音楽と食べ物はなんですか? あとボディガードに内密に女好きかどうか訊いて欲しい」なんて言い出す。
 
これでは昭和の地方都市のヤクザの親分が、町にやってきた演歌歌手をもてなすのと変わらない。さすがに「政界ではその手は通用しない」とたしなめられるが、このエスコバルの田舎者っぷりは喜劇的であると同時に悲劇的で、しかもコロンビアを揺るがす最悪の事態の引き金となっていくのである。
 
Image

1 2次のページ
ShortCutsの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。