ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

この夏カップルで行きたい!【兵庫】夏デートスポット20選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
この夏カップルで行きたい!【兵庫】夏デートスポット20選 兵庫

夏がやってきた!「暑いところはちょっと…」夏に困るのがデートスポットですよね。

今回は、兵庫県内で楽しめる、涼しいおでかけデートスポットをご紹介!

室内のスポットを中心に、カップルにおすすめなスポットをピックアップしました。

レトロモダンな港町・神戸を中心に、ふしぎな生き物に触れられる水族館や、世界や日本を代表するアートをまったり鑑賞できる美術館、

知らなかった発見に出会える博物館・工場見学など涼しくて楽しいスポット盛りだくさん♪

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

神戸・有馬・明石エリア

神戸市立須磨海浜水族園

神戸市立須磨海浜水族園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28107cc3320040662/photo/

淡水魚、近海魚、熱帯魚、ラッコ、600種13,000点、イルカライブ、「アマゾン館」、「アザラシ・ペンギン館」。

\口コミ ピックアップ/

入ってすぐに大きな水槽があり、沢山の魚が泳いでいて、くぎづけになりなかなか離れず、ラッコや、アザラシも間近で見れ、イルカショーも楽しみました。食事場所もあり、どのお店も美味しかったです。有料でふれあえますが、朝イチに行かないとすぐに定員いっぱいのようです。

行った時期:(2017年5月)

イルカのショーを見て来ました。

サメ・エイなどがゆうゆうと泳ぐ大水槽やアマゾンの淡水魚が見られるアマゾン館やペンギン館など、

見応えがありました。

入館料も安いので、お薦めです。

行った時期:(2016年5月) 神戸市立須磨海浜水族園

住所/兵庫県神戸市須磨区若宮町1丁目3-5

「神戸市立須磨海浜水族園」の詳細はこちら

キリンビアパーク神戸工場

キリンビアパーク神戸工場

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28109cc3340045156/photo/

\口コミ ピックアップ/

ビール製造行程の見学ができます。三田駅前からは、缶ビールの形をした大型送迎バスが出ていますので、車がなくても、大丈夫です。

行った時期:(2016年11月)

休日に訪問したので、工場は動いていないのが残念でしたが、ビールが3杯も無料でいただけるなんてすごくありがたいです。

しかも美味しいし、おつまみ付きだし! 三田アウトレットでショッピング~ビアパークでビール~有馬温泉このコースはおすすめです。

行った時期:(2015年8月) キリンビアパーク神戸工場

住所/兵庫県神戸市北区赤松台2-1-1キリンビアパーク神戸

「キリンビアパーク神戸工場」の詳細はこちら

神戸海洋博物館

神戸海洋博物館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28110cc3290033156/photo/

海や港、船に関する総合博物館であり、模型や映像を利用して、船の科学や港の歴史、海洋開発などを、解説、紹介している。

\口コミ ピックアップ/

神戸港の成り立ちを解説した博物館。船好きにはたまらない展示物が沢山あります。そして施設内には「カワサキワールド(川崎重工)」があり、船舶・航空機はもちろんのこと新幹線などの鉄道やバイクの展示が充実。私はこれを目当てに行きましたw

行った時期:(2017年4月)

神戸海洋博物館はメリケンパークに隣接しています。とてもゆったりとした時間がすごせますよ。カップルにおすすめです。

行った時期:(2016年7月) 神戸海洋博物館

住所/兵庫県神戸市中央区波止場町2-2(メリケンパーク)

「神戸海洋博物館」の詳細はこちら

UCCコーヒー博物館

UCCコーヒー博物館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28100cc3290030494/photo/

日本で初めてのコーヒー専門の博物館。世界的にも珍しいものでコーヒーの起源からおいしいコーヒーの入れ方までも学べます。

\口コミ ピックアップ/

館内に入った途端、得も言われぬ珈琲の芳香に包まれて、幸せな気分になります。コーヒーの歴史や産地、栽培、製造過程など、初めて知ることばかり。利きコーヒーや、クイズに答えて博士認定証をもらえるなど、楽しい仕掛けもあります。きっと、もっとコーヒーが好きになります。

行った時期:(2017年4月)

駅からほど近く、コーヒーの成り立ちや美味しい淹れ方をわかりやすく見ることのできるUCCの直営施設です。 コーヒーマイスターが淹れたてのコーヒーをいれてくれるコーナーもありました。

行った時期:(2015年7月) UCCコーヒー博物館

住所/兵庫県神戸市中央区港島中町6丁目6-2

「UCCコーヒー博物館」の詳細はこちら

六甲オルゴールミュージアム

六甲オルゴールミュージアム

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28109cc3290031915/photo/

六甲オルゴールミュージアムでは、19世紀後半から20世紀初頭にかけてヨーロッパやアメリカで親しまれていた自動演奏楽器をコレクションしています。

館内ではオルゴールのコンサートを聴くだけでなく、カフェでの食事や四季の移ろいを見せる中庭の散策、オルゴール組立体験やショッピングを楽しむことも出来ます。

\口コミ ピックアップ/

オルゴールの音色が綺麗なのはもちろんですが、様々な時代のオルゴールは見ているだけでも楽しいです。

ショップコーナーにはよく聞く曲をオルゴールにしたものも置いてあり、オルゴール好きな私は大満足でした。

行った時期:(2014年12月)

歴史のある大きい物やからくり人形付きの物など色々なオルゴールがあり、決まった時間に生演奏もしてくれ、本物の音色に癒やされます。入り口横にはショップもあり、そちらで簡単なオルゴール製作もできます。六甲山植物園と隣接されており、共通割引券もあるので一緒に行くのをオススメします。

行った時期:(2016年11月) 六甲オルゴールミュージアム

住所/兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-145

「六甲オルゴールミュージアム」の詳細はこちら

明石市立天文科学館

明石市立天文科学館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28203cc3290031318/photo/

東経135度子午線上に建つ”時と宇宙の博物館”。子午線のまち・時のまちに触れ、星空・宇宙に親しむことができる展示や、稼働期間「長寿日本一」のプラネタリウム投影機での生解説による星空案内など、大人から子どもまで楽しめます。14階展望室から明石海峡大橋や明石の街が一望できます。

\口コミ ピックアップ/

丸い円筒の展望台 建物形状がいいですね。プラネタリウムでゆっくりと空の星の移り変わりを感じながら。普段は見れない景色が嬉しかったですね。

行った時期:(2017年4月)

プラネタリウムは入れ替え制ですが、あまり混雑していないので2回視聴することも出来ます。同じ内容でもナレーションの担当者によってだいぶ趣きが異なるので楽しめます。階上の展望台では瀬戸内海が見渡せてお勧めです。

行った時期:(2016年9月) 明石市立天文科学館

住所/兵庫県明石市人丸町2-6

「明石市立天文科学館」の詳細はこちら

布引の滝

布引の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28110ab2040005879/photo/

新神戸駅の山側、生田川中流にかかる滝で神戸ウォーターの源泉のひとつ。「日本の滝百選」にも選ばれています。「布引の滝」は雄滝(おんたき)・雌滝(めんたき)・夫婦滝(めおとだき)・鼓ヶ滝(つつみがだき)の4つの滝の総称で、なかでも雄滝は高さ43mの名瀑です。 新緑や紅葉の季節には、遊歩道の散策もおすすめ。

\口コミ ピックアップ/

長い階段を登りましたが、行って良かったです。外国人の方がちらほら居ました。近くに北野異人館街があるから当然か!

水しぶきが飛んできて涼しくて風情を感じれて滝っていいなあと思える素敵な場所でした。

行った時期:(2016年3月)

新神戸駅から徒歩5分の場所に、「布引の滝」があります。布引の滝は、雄滝・夫婦滝・鼓滝・雌滝の4つの滝の総称で、平安時代から和歌にも詠まれた滝で、華厳の滝・那智の滝と合わせて、「日本三大神滝」のひとつでもあり、「日本の滝百選」にも選ばれています。

日頃の運動不足の解消のため、遊歩道を歩きました。布引貯水池まで約一時間の コースでしたが、マイナスイオンを浴びながら、まぶしい新緑を目にして、リフレッシュすることが出来ました。

行った時期:(2017年4月) 布引の滝

住所/兵庫県神戸市中央区葺合町

「布引の滝」の詳細はこちら

うろこの家・うろこ美術館

うろこの家・うろこ美術館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28110ae2180021906/photo/

もと外国人向け高級借家で、名前の通り、魚のうろこのような天然石の外壁が目印。アンティーク家具や、陶磁器の名品コレクションが見ものです。隣接するうろこ美術館では、マチス、ユトリロ、キスリング、ビュッフェなど、ヨーロッパやロシアの近現代の絵画を中心に展示。3階からは、神戸市街が一望できます。

\口コミ ピックアップ/

本当に大きな魚のうろこのようです。この北野地域にはたくさんの異人館が今も大切に残されてれています。その中の一つではありますが、すごく見た目も特徴的な建物です。

行った時期:(2016年11月)

最初に公開された異人館で、国指定登録文化財。外国人向けの高級借家として建て られた。 建物の外壁を覆う約3000枚の天然石のスレートが魚のうろこに似ているところ から“うろこの家”の愛称が生まれたそうで、洋風の外観がとても絵になります。

行った時期:(2016年12月) うろこの家・うろこ美術館

住所/兵庫県神戸市中央区北野町2丁目20-4

「うろこの家・うろこ美術館」の詳細はこちら

神戸市立博物館

神戸市立博物館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28110cc3290031315/photo/

昔の南蛮美術の収蔵品、ポルトガル・スペインの影響を受けて制作された紅毛美術、版画など16~17世紀の作品が中心。もと東京銀行の支店であった建物で、50mものギリシャ様式の円柱も見もの。1階にはドイツ人船長トムセン氏の邸が移築復元されている。

\口コミ ピックアップ/

神戸の中心地でアクセスがよく、観光スポットとして立ち寄ってみるのもいいですよ。旧居留地にあり、外観も鑑賞するだけでも神戸の街並みを味わえます。

行った時期:(2016年8月) 神戸市立博物館

住所/兵庫県神戸市中央区京町24番地

「神戸市立博物館」の詳細はこちら

兵庫県立美術館 芸術の館

兵庫県立美術館 芸術の館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28102cc3300034083/photo/

日本を代表する建築家、安藤忠雄の設計により2002年に開館。

阪神・淡路大震災からの「文化の復興」のシンボルとして誕生しました。

美術作品だけでなく、目の前に広がる海と巨大迷路のような建物とが一体となり、訪れる人に多様な空間体験をもたらす構成も見どころのひとつ。

特別展の開催だけでなく、彫刻を中心とした約9,000点の作品を所蔵し、常設展で順次紹介しています。

また、屋外にも彫刻作品があり、建物と風景を楽しむことができる設計になっている点も魅力。

3、4階屋外には、海に張り出しているかのように見えるデッキスペースが。こだわりの建物全体の構造を見渡せます。

\口コミ ピックアップ/

岩屋駅から徒歩10分ほどの場所にあります。

コンクリートの建物が印象的な美術館です。

常設展示のほか、魅力あるいろいろな企画展もされているので何度か行きました。

館内にはカフェもあるので、ゆったりと休憩することもできます。

行った時期:(2016年5月)

こちらの美術館では定期的に様々な種類の美術展示があります。建物は安藤忠雄氏が手掛けており、近代的な印象を受けました。海からも近く、周辺をのんびり散策するのも良いですね。

行った時期:(2013年10月) 兵庫県立美術館 芸術の館

住所/兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1-1

「兵庫県立美術館 芸術の館」の詳細はこちら

有馬玩具博物館

有馬玩具博物館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000184038/photo/

有馬温泉街にある玩具博物館。1階のお土産売り場の入口で博物館チケットを購入し、エレベーターで6階まで上がり、1階ずつ降りてフロアを見学。可愛いぬいぐるみ、珍しい積み木、からくり人形、鉄道ジオラマ等があり、時間を忘れて夢中になってしまう空間です。老若男女問わず皆で楽しめるスポットです。

\口コミ ピックアップ/

有馬温泉街にあるおもちゃの博物館。

昔のおもちゃや、ジオラマの展示など、子供はもちろん大人も楽しめます。

私たち夫婦は写真を撮るのが好きなので、夢中になって撮ってしまいました。

期待以上の博物館でした。

行った時期:(2016年7月)

大好きな博物館で、神戸へ行ったら必ず立ち寄ります。特に3階にある鉄道模型がスゴイです。1日に数回、運行もしています。ドイツの木工工芸も素敵です。

行った時期:(2016年7月) 有馬玩具博物館

住所/兵庫県神戸市北区有馬町797

「有馬玩具博物館」の詳細はこちら

バンドー神戸青少年科学館(神戸市立青少年科学館)

バンドー神戸青少年科学館(神戸市立青少年科学館)

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28110cc3290031010/photo/

神戸市立青少年科学館は、神戸で唯一のプラネタリウムと体験型展示やワークショップ、科学教室などをとおして科学や宇宙をたのしく学び、遊べる科学館です。2016年3月に第4展示室「神戸の科学と技術」第5展示室「生命の科学」がリニューアル!また、日本初の浮遊体験型展示物「時空ホッパー」も人気!ハンググライダーや、KOBEスカイウォーカーなどのアトラクションも体験できます。その他、科学への興味を高める「科学実験ショー」や、口径25㎝屈折望遠鏡「たいよう」で、太陽の黒点やプロミネンスを観測することができる「天体観測室」などのワークショップを毎日開催しています。プラネタリウムは「神戸でいちばん星空に近い場所」として、直径20mのドームに広がる星空空間に約2万5千個の星を映し出し、子どもから大人まで楽しめる番組や季節の星空解説を投映します。

\口コミ ピックアップ/

ポートライナーの駅から徒歩すぐの場所にあり、利便性がとても良いです。

迫力のあるプラネタリウムのほか、いろいろなアトラクションがあり、大人から子供まで楽しめます。

行った時期:(2016年7月)

昭和の香りが残っている科学館です。展示物は古い物が多いですが、しっかり手入れされており、大人でも十分楽しめます。

特におすすめはプラネタリウム! 香りのプラネや熟睡プラネ、絵本と組み合わせたプラネもあり、毎回楽しませんてもらっています。スタッフも感じよかったです。

行った時期:(2016年10月) バンドー神戸青少年科学館(神戸市立青少年科学館)

住所/兵庫県神戸市中央区港島中町7丁目7-6

「バンドー神戸青少年科学館(神戸市立青少年科学館)」の詳細はこちら

宝塚・西宮エリア

宝塚市立手塚治虫記念館

宝塚市立手塚治虫記念館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28214cc3290152067/photo/

手塚マンガのほとんどがそろった「ライブラリー」や、オリジナル映像作品を上映する「アトムビジョン」、アニメーションの製作体験ができる「アニメ工房」など、手塚治虫の魅力がいっぱい。

\口コミ ピックアップ/

アトムビジョンでは、記念館オリジナル作品3本が月替わりで上映されています。また、アニメ工房では、アニメ制作の初歩等を体験できます。ジャングル大帝風のジャングルカフェや記念グッズなど、手塚治虫好きにはたまらない空間です。

行った時期:(2016年9月)

伊丹空港へ向かうバスが宝塚から出ているので、ついでにこちらへもよってみました。駅から歩いていくと、かわいらしい建物が見えるのですぐにわかります。入り口には火の鳥の像がありました。とくにファンではなくても楽しめる場所だと思います。

行った時期:(2017年4月) 宝塚市立手塚治虫記念館

住所/兵庫県宝塚市武庫川町7-65

「宝塚市立手塚治虫記念館」の詳細はこちら

リゾ鳴尾浜

リゾ鳴尾浜

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28204ca3370050423/photo/

地下1階から4階まで、最新のスポーツ&リラクゼーション施設が整っています。全長100mのスライダーやホットなジャグジーがあるアミューズメント・プール、天然温泉、フィットネスクラブ、レストランなど、リゾート気分をたっぷり味わうことができます。

\口コミ ピックアップ/

プールとフィットネスクラブ、天然温泉があります。建物は、地上4階地下1階と、とても広いです。屋外プールは海に面したシーサイドプールで海風気持ち良いです。

行った時期:(2017年4月)

綺麗なところで、

お食事もすごく美味しかったです!

対応もよくすごく居心地がよかったです。

また行きたいと思えるところです!

(行った時期:2016年6月) リゾ鳴尾浜

住所/兵庫県西宮市鳴尾浜3丁目13

「リゾ鳴尾浜」の詳細はこちら

城崎・豊岡エリア

城崎マリンワールド

城崎マリンワールド

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28209cc3320040589/photo/

炎や水を使い臨場感あふれるイルカ・アシカショーやトドのダイビング、ペンギンの散歩などショーが多彩。また、まるで海の中を潜っているかのようなアトラクションやイルカや磯の生き物とふれあえる体験型施設「ダイブ」もあります。さらにフィッシングゾーンでは、アジを釣ってその場で天ぷらにして味わうこともできます。

\口コミ ピックアップ/

城崎温泉からも近く、温泉に行った際に行きます!

施設はきれいですし、体験型のものもあるので大人も楽しめます!

カップルや家族連れにオススメです!

行った時期:(2015年9月)

普通の水族館と違い、アジを釣ってその場で調理してもらえる体験ができ、とても楽しめました。係の人に釣り方を教えてもらえたので誰でも出来ると思います。

行った時期:(2017年5月) 城崎マリンワールド

住所/兵庫県豊岡市瀬戸1090

「城崎マリンワールド」の詳細はこちら

植村直己冒険館

植村直己冒険館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28544cc3290032467/photo/

植村直己の冒険を映像と展示で紹介

\口コミ ピックアップ/

冒険家であり、国民栄誉賞受賞者の植村直己の記念館です。

私の記憶の中の植村直己は「子供の頃に亡くなった時のニュースを見たような気がする」くらいのものでした。

なので、どうして冒険家が国民栄誉賞を受賞しているのか、いまいちピンと来ていなかったので彼の事が知りたくて行ってきました。

外観はクレバスをイメージして建てられていて、冒険家の記念館らしい建物でした。

植村直己冒険館の周辺は植村直己記念スポーツ公園として整備されていて綺麗な場所でした。

行った時期:(2017年4月24日)

車で、植村直己冒険館に連れて行ってもらいました。あまり、くわしく知らなかったのですが、

入るとはじめに簡単な映像を見ることができ、そこで、植村直己さんの概略をしることができ、

ステキな人柄の方だったんだなーと知ることができます。

展示もみやすく、ほどよくのんびりでき、庭園もきれいでした。また、いきたいです。

行った時期:(2015年9月) 植村直己冒険館

住所/兵庫県豊岡市日高町伊府785

「植村直己冒険館」の詳細はこちら

姫路・赤穂・播磨エリア

揖保乃糸・資料館そうめんの里

揖保乃糸・資料館そうめんの里

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28211cc3340045316/photo/

播州手延素麺の資料館。実演ゾーン・体験ゾーンなど有り。食事(素麺料理)もできる。

\口コミ ピックアップ/

小さな頃から慣れ親しんだ揖保の糸の資料館とだけあって、非常に楽しめました。流しそうめん体験なんかもあり、夏に行くとより楽しめると思います。

行った時期:(2016年8月)

そうめんが大好きなので、揖保乃糸の資料館があるということを聞いて行って来ました。特に揖保乃糸は好きなのです。

そうめんの作り方を見られたり、そこで食べられたり、たっぷりそうめんを堪能できます。

行った時期:(2016年11月) 揖保乃糸・資料館そうめんの里

住所/兵庫県たつの市神岡町奥村56

「揖保乃糸・資料館そうめんの里」の詳細はこちら

兵庫県立大学西はりま天文台

兵庫県立大学西はりま天文台

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28501ah3330043377/photo/

宿泊施設のある天文台は、観望だけでなく、研修会・デイキャンプ・野外活動等広く利用されている。

\口コミ ピックアップ/

すごく空気が澄んでいて星がたくさん見えます。ここの大きな天体望遠鏡で月を見たりいろんな星を見せてくれるイベントなどもあります。星好きにはたまらない場所です。

行った時期:(2013年8月) 兵庫県立大学西はりま天文台

住所/兵庫県佐用郡佐用町西河内407-2

「兵庫県立大学西はりま天文台」の詳細はこちら

姫路市立水族館

姫路市立水族館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28201ae3322067561/photo/

姫路市立水族館では、播磨地方の身近な生き物を展示、紹介しています。

これらの生き物は、ある意味きれいなものでも、珍しいものでもないかもしれません。

しかし、実際は彼らをよく観察すると、その中には、私たちが知らない不思議や発見がたくさん隠れているのです。そんな「あっ」とおどろく発見を姫路市立水族館はみなさんにお届けします。

\口コミ ピックアップ/

数年前に改築したので、とてもきれいです。駐車場も市営なので、時間を気にせず、ゆっくりと楽しめました。

行った時期:(2016年2月)

亀の水族館として有名だと認識しております!確かに亀がたくさんいました!ペンギンとかもいます!小さいエイやサメも触れます。

行った時期:2016年7月 姫路市立水族館

住所/兵庫県姫路市西延末440(手柄山中央公園内)

「姫路市立水族館」の詳細はこちら

姫路市立美術館

姫路市立美術館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28201cc3300033881/photo/

旧陸軍兵器庫を改装して造った赤レンガ造り建物で西に姫路城が借景となっている。当館では姫路及び周辺地域出身の作家の作品をはじめ郷土に関わりのある作品を収集しています。また国内外の名品にも収集の幅を広げてまいりました。海外姉妹都市のあるベルギーの美術に焦点をあて、デルヴォーを中心にマグリットなど著名作家から現代美術に至るまで収集しています。

\口コミ ピックアップ/

姫路城に近く、お城に行ったときにはぜひとも立ち寄りたいスポットです。市内在住の國富氏からの寄贈になる近代フランス絵画が常設展示されていて見どころのある美術館です。

行った時期:(2017年1月20日) 姫路市立美術館

住所/兵庫県姫路市本町68-25

「姫路市立美術館」の詳細はこちら

※この記事は2017年6月時点での情報です

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。