ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

姫気分でお腹も心も大満足♡マリー・アントワネットの世界観に浸れるランチにうっとり

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
topヒルトン東京で大人気となっているマリー・アントワネットをテーマにしたデザートブッフェに加えて、ランチも楽しめる新プランが登場しました!

・ヒルトン東京の華やか&お得なランチプラン

170601_0088

ヒルトン東京「メトロポリタングリル」で7月3日(月)から提供されるのは、「マリー・アントワネット デザートルーム付きスマート・ランチ」。

メインディッシュ、サラダバーに加え、同ホテルの「マーブルラウンジ」で開催の「マリー・アントワネット」デザートブッフェから10種類のデザート&歴史的にも貴重なマリー・アントワネットのアイテムが展示される「デザートルーム」の 3つのチョイスから、好みで2つ選べるお得なランチ(税・サ別3,800円)です。

170601_0012

サラダバーに並ぶのは、約10種類のみずみずみしい新鮮野菜や、シェフ特製3種類のドレッシング、オリーブオイル、バルサミコ酢、フルーツヴィネガー。

各種コンディメントをあわせて、好みのサラダを楽しめます。

メインディッシュを選んだ場合は、グリルカウンターで薪を使って焼き上げる「築地 本日の鮮魚のグリル」や「オースト ラリア産ビーフサーロインのグリル」、「ラム肉のスブラキ キューカンバーミントヨーグルト」ほか、夏限定「フローズンメロンガ スパッチョ 海老のガーリックソテー」などから1品チョイスできます。

・マリー・アントワネットの世界観が広がるデザートルーム

170414_0226

また、メトロポリタングリルのエレガントな個室に用意された「マリー・アントワネット デザートルーム」には、マーブルラウンジで同時開催のデザートブッフェから選りすぐりの10種類のデザートを用意。

創業1672年のフランスの紅茶ブランドで、ヴェルサイユ「王の菜園」唯一のオフィシャル・パートナー、ニナス・マリーアントワネットの紅茶も味わえ、華やかなマリー・アントワネットの世界観にどっぷり浸れそうです。

ニナス・マリーアントワネットが所有する、歴史的にも貴重なマリー・アントワネット直筆の手紙や靴やドレスのレプリカ等も展示された個室は、お姫様気分に浸れること間違いなし♡

女子会ランチにおすすめです!

メトロポリタングリル「スマートランチ」
会場:メトロポリタングリル(ヒルトン東京2F)
期間:7月3日(月)~9月29日(金)【平日限定】時間:11:30am – 3:00pm
料金:2チョイス(サラダ&デザート、メイン&サラダ、またはメイン&デザート)1人3,800円(税・サ別)
3チョイス(サラダ、メイン、デザート) 1人4,300円(税・サ別)
予約:hiltontokyo.jp

・ブッフェ(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。