ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

NISMOロードカー戦略に迫る!!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
▲ボディ剛性を高める補強パーツが採用されて、ハンドリング性能に磨きがかかりそうなセレナNISMO。ルーフはブラックアウト仕上げとなり、外観の個性にも磨きがかかるか

▲ボディ剛性を高める補強パーツが採用されて、ハンドリング性能に磨きがかかりそうなセレナNISMO。ルーフはブラックアウト仕上げとなり、外観の個性にも磨きがかかるか

年間販売台数10万台を目指すNISMO

日産がとんでもない目標をぶち上げた。それは「(NISMOブランドのコンプリートカー事業について)現在の年間1万5000台の販売を2020年代の早いうちに10万台まで増やしたい」というもの。日産のNISMO事業の今後に迫る。

現在、NISMOの名を掲げたカタログモデルは7車種(海外専売のパトロールと、セントラを含む)が販売されているが、これをグローバルでブランド化する狙いもあって、今回のプランが打ち立てられた。

NISMOモデルは、内外装のドレスアップ、ボディ剛性向上と足回りのチューンナップによるハンドリング性能アップ、さらに一部車種では動力性能の向上も図られる。この上には、動力性能が格段に引き上げられた、NISMOハイパフォーマンス仕様が、逆にその下には、ベース車にNISMOの内外装パーツがセット装着されたライトバージョン、いわばメルセデスにおけるAMGラインや、BMWのMスポーツに該当するモデルが用意される予定だ。

▲ジュークNISMOに続くSUVモデルとして、国内外で多くのユーザーが待ち望んでいるであろう、エクストレイルNISMO。2017年6月8日にマイナーチェンジが発表されたが、秋以降に追加設定か

▲ジュークNISMOに続くSUVモデルとして、国内外で多くのユーザーが待ち望んでいるであろう、エクストレイルNISMO。2017年6月8日にマイナーチェンジが発表されたが、秋以降に追加設定か

北米に加えて、中国市場も視野に

では、現状1万5000台の販売台数を、どうやって6倍以上の10万台へと増やすのか。オーテックジャパンおよびNISMOの片桐隆夫CEOは、「セダンやハッチバックに加えて、EV、ミニバン、SUVなどのジャンルにもモデルを投入し、現在の7車種から2倍以上に増やす」と予告した。

余談ながら、中国へのNISMOモデル投入はまだ検討段階ながら、片桐CEOは、販売増への貢献度が大きいマーケットとして、期待を寄せている旨も語っている。

▲2013年に発売されたジュークを皮切りに、国内では現在、GT-R、フェアレディZ、ノート、マーチの各車種に、NISMOモデルがラインナップされている。グローバルでは7車種に設定されているが、これを2倍以上に増やす計画が明らかにされた

▲2013年に発売されたジュークを皮切りに、国内では現在、GT-R、フェアレディZ、ノート、マーチの各車種に、NISMOモデルがラインナップされている。グローバルでは7車種に設定されているが、これを2倍以上に増やす計画が明らかにされた

SUVやミニバンにもNISMOモデルが

NISMOが増やす予定の車種とは。これこそが、2016年11月23日にご紹介した(下記リンクの記事をご参照ください)、セレナNISMOではないだろうか。先を行く、トヨタ ノア/ヴォクシーG’sと、ホンダ ステップワゴンモデューロXを意識したモデルとして、企画されているに違いない。

一方、SUVのジャンルでは、北米でも人気を集めているエクストレイル(現地名ローグ)への設定が第1弾になるかもしれない。10万台の販売に向けて北米を中心に拡大していきたいという片桐CEOの言葉が事実なら、NISMOモデルの設定は避けて通れない1台だ。

追加発売されるNISMOモデルは、2017年秋の東京モーターショー開催と前後して予告され、2018年までに導入されるだろう。また、年内にリリースされる次期リーフへの設定も確実ではあるが、遅れて発売される公算が大きい。設定車種の増加は朗報ではあるが、生産体制が十分なのか、滞りなく車を供給できるのか、気になるところではある。

※2017年6月17日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

2016年11月23日公開記事「日産 セレナにNISMOグレードが追加される!?」はこちらtext/マガジンX編集部

photo/マガジンX編集部、日産

関連記事リンク(外部サイト)

2016年11月23日公開記事「日産 セレナにNISMOグレードが追加される!?」はこちら

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。