体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

直球でお手軽、誰でも遊べるほんわか系ステルスアクション『まるとさんかく』

敵の視界に入らないよう、隙をついて動き、目標を達成する。「かくれんぼ」という、伝統的な遊びから発展したステルスアクションゲームは、KONAMIより発売されたメタルギアシリーズを機にメジャーな存在となり、今日ではゲーム全体にアクセントを加える要素の一つにまで発展した。

しかし、「見つかったら最後」というシビアなルールとそれによる緊張感などから、ハードルの高い遊びという印象も根強く、人によって好みが大きく分かれる側面がある。
 image12
 
そんなステルスアクションを誰もが手軽に遊べるよう、人を選ばないように作った作品が今回紹介する『まるとさんかく』だ。個人開発者のなかなか氏が制作。2017年4月にiOS、Android向け無料アプリとしてリリースされた。
 image6image7
image8
 
なんとビックリ、主人公の恋人が敵に連れ去られちゃった!
助けに行きましょう!

以上、ストーリー紹介終わり。

内容も敵に見つからないように主人公を動かし、ゴールにたどり着けばステージクリアとなる、直球の横スクロール型ステルスアクションゲームである。そして、直球ならではの「ハードルの低さ」を最大の売りとしている。

「気づかれなければ正義!」のご意見無用・突っ込み上等のお手軽設計

「ハードルの低さ」を象徴するのが、敵をやり過ごす方法。
 image5
 
視界に入らない。
 image4
 
帽子の中に隠れる。

それだけ。
このたった二つの動作で、ステルスの醍醐味を楽しめてしまうのだ。
 image1
 
特に二番目の「帽子の中に隠れる」は非常に強力で、この状態になれば絶対に気づかれない。敵が近くを横切ろうが、その場に留まろうが絶対に気づかれない。さすがに隠れる直前、敵に気づかれてしまった時は別で、その場合は例え隠れようが見つかってミスになってしまうが、気づかれてない状態で隠れれば無敵。段ボールの要領で、敵が帽子を「スポッ」と取り上げ、「あっ」となることもない、安心・安全の状態になれてしまう。
 image2
 
また、気づかれていなければ、敵を後ろから押すこともできる。そのまま段差に落としてしまえば、その場所は誰にも襲われる心配のない安全地帯になる。押している最中に敵がプレイヤーの存在に気づくこともないし、段差から落とした後、その場に戻ろうとする行動に出ることも絶対にない。段差から落ちたところにある、場所を巡回するようになるだけ。
 image9
 
まさに「気づかれなければ正義」。強力な隠れ技と押し出し技、(いい意味で)警戒心の低い敵によって、ご意見無用・突っ込み上等の立ち回りで、手軽にステルスアクションを楽しめるのである。

「見つかったら最後」というシビアなルール、緊張感あってこそのステルスアクションだが、逆にそれがゲームとしての難しさ、息苦しさを醸し出し、プレイヤーを選んでしまう。今作はその緊張感を薄くして、シビアさを除外。敵をやり過ごし、あざむくという最も面白い部分を集中的に楽しめる作りを実現させている。
 image15
 
シンプルな操作性とその使い勝手の良さもその魅力を引き立てる。スマホのゲームらしく、バーチャルパッドを使ってプレイヤーキャラクターを動かすのだが、パッドとして用意されたボタンは左右の移動、隠れるの三つだけ。それら以外の操作は一切求められず、段差を飛び越えるジャンプも自動で行ってくれるので、驚くほど自然にキャラクターを動かせる。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。