ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“汚部屋”注意!収納グッズを買う人ほど、整理整頓できない理由

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

物を捨てずに大切にする、「もったいない」の精神は日本人の美徳とされてきました。とはいえ、同じ日本人から見ても、「これは捨てたら…」と言いたくなることがあるのも事実です。ブランドの紙袋、包装紙、お菓子の空き箱、空き缶…

 

人によっては“宝物”かもしれませんが、物が増え過ぎると、いずれ“汚部屋”になってしまう可能性さえあります。収納上手になるためにも、最低限のコツを押さえておきましょう。

収納グッズを買う前に「まずやるべきこと」


日経ウーマン
Fujisan.co.jpより

整理整頓が苦手な人ほど、真っ先に収納グッズを買いに走ります。

 

100均で大小さまざまなカゴを買って、きれいに収納しようと思っているのでしょうが、これがそもそもの間違い。収納美人になる第一歩は、「買う」より「捨てる」から。本当に必要かどうかを選別し、残った物の量に見合った収納グッズを買わなければ、結局は購入した収納グッズの分だけ物が増えてしまうのです。

片付け上手の基本は、「定位置」に戻すこと

片付け上手になりたければ、「物の定位置」を決めることです。世界40か国で600万部超の大ヒットとなった『人生がときめく片づけの魔法』(近藤麻理恵 著/サンマーク出版)でも、“あらゆるモノの定位置を決める”と説明されています。

 

たとえば、ハサミは必ず引き出しに戻す、洗濯後の服はクローゼットにしまう、紙袋は収納棚にしまっておくetc。こうして物の「定位置」さえ決めておけば、行方知らずの迷子状態を簡単に防ぐことができます。

“リバウンド”に気をつけよう

 

1日かけてきれいに片づけたのに、時間が経ったら、また部屋が汚くなってる…

部屋の状態が元通りになってしまう“リバウンド”を防ぐ手立ては、定期的に片づける時間をつくることです。

 

たとえば、「休日の午前中は片づける時間」などと決めておく。たったこれだけでも“リバウンド”を十分に防げます。さきほどの「定位置に戻す」とセットにしておけば、片付けが苦手な人でも楽にできるはずです。

 

関連記事リンク(外部サイト)

パチンコ依存症対策に提案、自分の収支が分かる「パチンコカード」を作るのはいかが?
5月病ならぬ6月病!? 憂鬱の原因は雨や湿気だけじゃない
カウンセラーに聞いた、男性が三行半を突きつきつける女性の特徴
フォロワー260万超、柴犬「まる」のクールビズ動画が話題! 柴犬総理がTシャツ宣言!?
筆跡診断士・芳田マサヒロが教える、ジメジメしたうっとうしい気持ちをスカッとさせる筆跡

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。