ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

母娘で目指すメジャーデビュー「地下アイドル・郡司芹香」に恥レス取材

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

地下アイドルは千差万別、ひとくくりにするなかれ。それぞれが個性を持ち、頭一つ飛び出ようという女の戦いの場、戦場である。そんな戦場で戦か地下アイドルの実態を、毎回地下アイドル『恥じらいレスキューJPN』が調査します。

 

今回は、今年の4月よりソロ活動を始めた郡司芹香さん。「乃木坂さんに憧れてアイドルになりたいと思ったんです」と話してくれた郡司芹香さんは現在18歳、今年3月に高校を卒業したばかり。そんな彼女の愛称は、せりちゃん。

 

 

2016年9月からあるアイドルグループの一員として活動を開始したのですが、グループは解散。2017年4月30日のライブを皮切りに、ソロデビューを果たしたんだそうです。

 

そんなせりちゃんに“ソロになって変わったことは?”と聞いてみると「一人だとパート分けがないので一曲丸々歌わないといけないから大変!元々歌はそんなに得意ではなかったんで…でも、ソロになって一人で歌わないといけなくなってからは歌も少し成長したかな? って思ってます」

 

一人だと頼る人がいない分責任はとっても重いだろうし、悩みも一人で解決しなくちゃいけないから大変だろうな…と、恥レスの一員として活動している私は心配になっちゃいました。

 

現在の活動は?と聞いてみると「LIVEは週に1本ほどなんですけど、現在はオリジナル曲がないため、カバー曲をやっているんです。なので、今はオリジナル曲を歌いたい気持ちでいっぱい!いずれオリジナル曲がいただけるのであれば王道アイドル曲をやってみたいんですよね」と、LIVEにやる気を見せていますが、それだけじゃない!初舞台に向かい現在、稽古中なんだそうです。

 

「お芝居や声優のお仕事にも興味があるんですよ。ソロになってからは、やりたいことがより増えました」と言うせりちゃん。これからの夢をきちんと明確に公言していかなくては!と、彼女からやる気を注入されちゃいました!

 

そんなせりちゃんのご家族は、せりちゃんをとても応援してくれているそうで、LIVEの準備は全てお母さんが整えてくれているんだとか。「私のために色々と世話を焼いてくれているお母さんにはまだLIVEを見てもらったことがないので、いつか見てほしいなと思っています」と、感謝の気持ちも忘れないところが、せりちゃんの魅力としてファンの人たちに伝わっているんでしょうね。

 

 

最後に読者の方にせりちゃんからのメッセージです!「ファンの方々はみんな大好きです!LIVEに来てくれる方はもちろん、TwitterなどSNSで応援のメッセージをくれる方もみんな大好きなので、これからも全員大事にしていきたい! 

 

これからも引き続き応援してほしいです。初めて知ってくださった方は、まずは是非、Twitterのフォローからよろしくお願いします!」とのことですので、皆さん、せりちゃんも恥じレス同様チェックしてみてくださいね!

 

出典:https://twitter.com/gungun_serika

 

せりちゃんは今「舞台の稽古が大変だ~」と言っていましたが、そんな辛さを表に出さずに頑張っている彼女のプロ意識に私も刺激を受けました!やりたいことに対してのチャレンジ精神が素晴らしい。私ももっと、積極的に自分発信でチャレンジしていこうと思います。

 

郡司芹香

 

7月2日PUTUMAYOコラボTシャツお渡しイベントを原宿にて開催予定

 

恥じらいレスキュー

恥じらいレスキューJPN Presents「恥じレスなめんなよ!vol.6」~ブラダ祭~

日程:6/18(日)

会場:新宿MARZ

時間:11:00 OPEN 11:30 START(予定)

出演:恥じらいレスキューJPN、and more

 

※インタビュアー星埜なつみ

関連記事リンク(外部サイト)

アイドルの実態を調査!感謝アイドル『るふらん・るふらん』に恥じレスが突撃!
筆跡診断士・芳田マサヒロに地下アイドル『恥じらいレスキューJPN』が突撃!あるコトに気をつけて書くと人気者に?
「自分なりにお客様がHAPPYになる方法を探せ」!地下アイドル「恥じらいレスキューJPN」が日本を探る
所属タレントは障がい者、日本初の障がい者プロダクションに恥レスが取材
こんなやり方があったか!『BABYMETAL』がいよいよ世界征服へ!!

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。