ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

同棲カップルに調査[1] パートナーとの結婚の予定はある?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

同棲カップルに調査[1] パートナーとの結婚の予定はある?

暮らし方の選択肢として、一人暮らし、家族暮らし、シェアハウスなどのほかに、「同棲」という形もあります。二人で住むのは楽しいけれど、一緒に住んでみて分かることや、いいと思って選んだ間取りがイマイチだった、なんてこともあるかもしれません。そこで今回はそんな「同棲」について調査を実施しました。全7回でお送りする同棲調査、第一弾は、同棲に至るまでの交際期間や、同棲することになったきっかけについて。ちょっと気になる同棲のあれこれをぜひチェックしてみてください!

同棲までの交際期間は!?

はじめに、どのくらいの交際期間で同棲することを決めたのか聞いてみました。【画像1】1年以上~2年未満の交際期間で同棲することにしたカップルが20.3%と最も多いという結果に(出典/SUUMOジャーナル編集部)

【画像1】1年以上~2年未満の交際期間で同棲することにしたカップルが20.3%と最も多いという結果に(出典/SUUMOジャーナル編集部)

結果を見ると、1年以上~2年未満(20.3%)が1位、僅差で3年以上(19.3%)が2位でした。

じっくり付き合ってから同棲したカップルがいる一方で、付き合って間もないラブラブ期間に同棲することにした3カ月未満も20.7%いるので、交際期間の長さは同棲をスタートさせる時期とあまり関係がないと言えそうです。

同棲をすることになったきっかけについても聞くと、「もっと一緒にいたいと思った」(47.3%)がダントツ。次に、「結婚できる相手なのか判断したい」(32.3%)という堅実な回答が続きました。【画像2】「もっと一緒にいたいと思った」というラブラブな回答が堂々の1位に(出典/SUUMOジャーナル編集部)

【画像2】「もっと一緒にいたいと思った」というラブラブな回答が堂々の1位に(出典/SUUMOジャーナル編集部)

男女別で見ると、「もっと一緒にいたいと思った」は、男性42.0%、女性52.7%となり、女性のほうが「一緒にいたい」という思いが強いよう。一方で、「結婚できる相手なのか判断したい」という回答は、男性33.3%、女性31.3%で、男女ともに同棲を結婚の準備期間として考えていることは共通しているようです。

面白かったのは、3位の「家賃を節約したい」(20.7%)の男女差。男性は16.0%なのに対し、女性は25.3%。また、4位の「パートナーの家に通うのが面倒」(19.0%)も、男性は12.7%だったのに対して女性は25.3%。相手の家に通うのも面倒だし、家賃ももったいないから一緒に住んじゃえ!と考える女性の堅実さが表れた結果となりました。

一方、同率4位の「すぐに結婚する予定がある」(19.0%)では、男性が22.7%、女性が15.3%で、男性のほうが結婚を前提に同棲をスタートさせている人が多いようです。

コメントを見てみると、以下のような回答がありました。

【男性】

・結婚を意識するようになったので(39歳)

・結婚する前に一緒に住もうと思った(39歳)

・彼女が自宅に押しかけてきて、帰るつもりはないといった(36歳)

・自分が住んでいたマンションの更新になり、せっかくだから引越して同棲しようということになった(29歳)

・単純に一緒にいたかった(29歳)

・家賃の節約にもなるし、交通費も節約できる(27歳)

【女性】

・通うのが面倒になったのと、もっと一緒にいたかった(31歳)

・彼氏が転勤になったのが、一緒に住むきっかけになった(24歳)

・家賃、光熱費の節約、防犯対策(31歳)

・仕事が忙しく会う時間がなかったから(34歳)

・結婚前に相手のことをよく知りたかったし、家族も納得していたので(38歳)

・近い将来結婚する予定がもうあった(37歳)

同棲して実際に結婚する人はどれくらい?

現在同棲中の人に、今のパートナーと結婚の予定があるかどうか聞いてみると、40.4%が「結婚の予定がある(時期が決まっている)」、30.3%が「結婚の予定がある(時期は決まっていない)」という結果に。全体の約7割が結婚を視野に入れて同棲をスタートさせていることが分かります。 【画像3】全体の約7割が「結婚の予定がある」と回答(出典/SUUMOジャーナル編集部)

【画像3】全体の約7割が「結婚の予定がある」と回答(出典/SUUMOジャーナル編集部)

ちなみに、「わからない・決めていない」(18.2%)に関しては、女性は9.5%に対し、男性は24.6%。

過去に同棲経験がある人には、当時同棲していたパートナーと結婚したか聞いてみました。 【画像4】同棲の結果、「結婚した」人は6割を超えることが判明!(出典/SUUMOジャーナル編集部)

【画像4】同棲の結果、「結婚した」人は6割を超えることが判明!(出典/SUUMOジャーナル編集部)

結果、「結婚の予定があり、結婚した」(46.8%)、「結婚の予定はなかったが、結婚した」(13.9%)となり、合わせると実際に結婚したカップルが全体の6割を超えました。同棲をスタートさせたきっかけはさまざまでも、結果結婚に至っているカップルが多いんですね! 同棲ってちょっといいかも……と思った人も多いかもしれません。

どうやら同棲のきっかけや動機は男女で多少異なるよう。昔は「同棲なんて!」と反対するご両親も多かったかもしれませんが、同棲期間を経て結婚しているカップルが6割を超えており、結婚を前提として相手を見極める期間として一緒に住むというのは長い人生を考えると、案外いいのかも。相手の生活習慣や癖などをちゃんと分かった上で結婚すれば、「こんなはずじゃなかった」というケンカは最小限に抑えることができそうですよね。

次回は同棲した際に住んだ部屋の広さや間取りに関しての調査結果を発表します。二人で快適に生活できる間取りとはどのようなものなのでしょうか。ぜひチェックしてみてくださいね!●調査概要

[SUUMO同棲調査]

・調査期間 2017年5月19日~5月22日

・調査方法:インターネット調査(ネオマーケティング)

・対象:1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)で同棲している(同棲していた経験がある)20~39歳

・有効回答数:男女300名(男性150名、女性150名)
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2017/06/135342_main.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

昔の恋人との思い出の品、捨てられないものはなに?
「一人の気楽な時間が好き」が約半数? 40代シングルの結婚観
意外? 当然? 近居や同居のきっかけは「結婚」がトップ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。