体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「超アガり症でプレゼンが苦手…今後のキャリアが不安です」【シゴト悩み相談室】

キャリアの構築過程においては体力的にもメンタル的にもタフな場面が多く、悩みや不安を一人で抱えてしまう人も多いようです。そんな若手ビジネスパーソンのお悩みを、人事歴20年、心理学にも明るい曽和利光さんが、温かくも厳しく受け止めます!

f:id:itorikoitoriko:20170616134421j:plain

曽和利光さん

株式会社人材研究所・代表取締役社長。1995年、京都大学教育学部教育心理学科卒業後、リクルートで人事コンサルタント、採用グループのゼネラルマネージャー等を経験。その後、ライフネット生命、オープンハウスで人事部門責任者を務める。2011年に人事・採用コンサルティングや教育研修などを手掛ける人材研究所を設立。『「ネットワーク採用」とは何か』(労務行政)など著書多数。

CASE16:「超アガり症のせいで、今後のキャリアが不安です…」(29歳男性・メーカー勤務)

<相談内容>

企画職ですが、超がつくアガり症です。

自分のアイディアを形にしたり、企画を組み立てたりするのはとても楽しいし得意なのですが、クライアントへのプレゼンテーションが大の苦手です。緊張のあまり頭が真っ白になってシドロモドロになるか、話す内容を見失ってどんどん脱線し、「何が言いたいのかわからない」と言われるか、どちらかです。

クライアント相手だけでなく、社内の会議であっても、大きな規模のものになると緊張し発言できなくなります。できることならば人前で話す仕事はやりたくないのですが、このままではキャリア的に行き詰まってしまうのではないかと不安で…どうすればいいでしょうか?(メーカー・営業職)

f:id:itorikoitoriko:20170616134409j:plain

デキる人のプレゼンを「完コピ」してみる

クライアントへのプレゼンは、かなりの重責です。あなたがアガり症であることは、社内の人間ならば皆知っているはずなのに、なぜ重要なプレゼンを任されているのでしょう?

相談者は29歳。もう中堅どころではありますが、「まだ伸びる、頑張れる」とポテンシャルを期待されているのかもしれません。上司は「アガり症を克服して、壁を一つ乗り越えてほしい」との願いを込めて、あなたに重要なプレゼンを任せているのでしょう。つまり、上司はあなたに大きな期待をかけているのです。それをモチベーションに、「アガり克服、プレゼン力向上」に真剣に取り組んでみてはいかがでしょうか?

「守破離(しゅはり)」という言葉をご存じですか?

師匠から教えられた型を「守」り、それを自分のものにする過程で少しずつ改善を加えて師匠の型を「破」り、自分のスタイルが確立できたら師匠の型から「離」れて自由になる。この段階を踏んでこそ、1人前になれる…という考え方です。まずはこの「守破離」を実行してみてはどうでしょう?社内を見渡し、このプレゼンはすごい!と思える人を師匠と捉え、その人のプレゼンを「完コピ」するのです。

私は今でこそ、研修や講演会など人前で話す機会が多く、アガることもありませんが、学生時代は全くダメでした。プレゼンに苦手意識がなくなったのは、大学時代。アルバイトをしていた学習塾で、ものすごく授業がうまい先輩のアシスタントを務めることになり、そのやり方を完コピしたのです。その人の話し方のクセや、ちょっとしたギャグまで、すべてを覚え、真似していたところ、いつの間にか「生徒を引き込む授業」のコツがつかめ、自分の「型」が身に付きました。

基本が身についてないと応用はできません。初めから自分らしさを出そうとしても撃沈するだけです。アガり症であっても、誰かを真似することならばできるはずだし、完コピ過程で自信もつくはずですよ。

とことん準備し練習しておけば、緊張は軽減できるはず

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会