ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

残り3分の悲劇「ル・マン24時間レース」今年も開幕

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

残り3分の悲劇「ル・マン24時間レース」今年も開幕
J-WAVEの番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「SPORTS DIGGER」。6月15日(木)のオンエアは、17日(土)に開幕する「ル・マン24時間レース」にフォーカス! トヨタのチーム監督・脇阪寿一さんにお話を伺いました。

なんと、ル・マンに向け旅立つ直前の羽田空港から、電話で出演してくれた脇阪さん。「1年間かけて、“24時間速く走り続けることのできる車”を作ってきた。準備万全。あとはトップでゴールを迎えるだけ。ドキドキが止まらないです」と意気込みを語りました。

世界三大レースといわれる「ル・マン24時間レース」。昨年、トヨタは23時間57分までトップでレースをリードし、残り3分というところでリタイア。優勝を逃しました。

車は昨年から1台多い3台体制で、中嶋一貴、小林可夢偉に加え、国本雄資を起用。ハイブリッドエンジンも、パワーと耐久性などを含め、テストでは大きくライバルを上回っている状況なのだそうです。

「ここで培ったノウハウが、トヨタが今後一般向けに販売するハイブリッド車にフィードバックされます。『未来の僕らが乗るクルマがこのレースで優勝するのかな』と思って観てもらうと気持ちが入って応援できるのでは」(脇阪さん)

過去に関谷正徳さん、荒聖治さんの2人がル・マンを制していますが、いずれも海外メーカーでの優勝ということで、今回トヨタが優勝すれば、「日本自動車メーカーによる日本人チャンピオン」が初めて誕生にします。

最後に脇坂さんは、3人の日本人ドライバーについて「モータースポーツ界にオリンピックもワールドカップもないですが、日の丸を背負って戦っています。ル・マンの地にエールを送ってほしいです!」と熱く語りました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。