体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「魔女の宅急便」の街のモデルとなったスウェーデン離島の「ウィズビー」

「魔女の宅急便」の街のモデルとなったスウェーデン離島の「ウィズビー」
スタジオジブリの人気映画「魔女の宅急便」。1989年劇場公開だったので、あと数年で公開から30年という月日が経つことになります。けれどその人気は未だ衰えず、世界中の人々から愛され続ける名作です。

その舞台となった架空の街「コリコ」には、モデルとなった場所があることをご存じでしょうか。今回は、スタジオジブリが公式に「大いに参考にした」と認めている街「ウィズビー」(Visby)をご紹介したいと思います。

北欧スウェーデンの離島にある街「ウィズビー」

「魔女の宅急便」の街のモデルとなったスウェーデン離島の「ウィズビー」
ウィズビーは、北欧スウェーデンの離島ゴットランド島(Gotland)にある街。ゴットランド島は上の地図の中央下、2つの島の中の大きいほう(右)になります。面積は約3千183平方キロメートル。日本の都道府県でいうと鳥取県が約3千507平方キロメートル、佐賀県が約2千440平方キロメートルなので、その中間くらいの大きさになります。

「魔女の宅急便」の街のモデルとなったスウェーデン離島の「ウィズビー」
そのゴットランド島の街であるヴィスビーは、1995年に世界遺産に登録されたことでも有名です。街の周囲約3.4キロメートルが城壁に囲まれ中世都市の面影を残していますが、この城壁は北欧の中では最も良い状態で現存するもののひとつなのだとか。

「魔女の宅急便」の街のモデルとなったスウェーデン離島の「ウィズビー」
城壁の中には、オレンジ色の三角屋根の街並みが。「海が見える三角屋根の街」は、確かに「魔女の宅急便」のワンシーンを連想させますね。

「魔女の宅急便」の街のモデルとなったスウェーデン離島の「ウィズビー」
ほうきにまたがったキキが、今にも横切って飛んでいきそうです。
では、ウィズビーには他にはどんな見どころがあるのでしょうか。

「薔薇の街」と呼ばれる美しい風景

「魔女の宅急便」の街のモデルとなったスウェーデン離島の「ウィズビー」
ウィズビーのアクティビティとしては、城壁に沿ったウォーキングツアーや「教会廃墟めぐり」などがあります。中世には数多くの教会施設が存在したようですが、現役で活躍してるのは1つの大聖堂のみ。それ以外の13の教会の廃墟を回ることができます。

「魔女の宅急便」の街のモデルとなったスウェーデン離島の「ウィズビー」
けれど歴史的名所でなくても、ウィズビーの街並みは非常にフォトジェニック。

「魔女の宅急便」の街のモデルとなったスウェーデン離島の「ウィズビー」
特に「薔薇の街」という愛称を持つほど花が多い街でもあります。

「魔女の宅急便」の街のモデルとなったスウェーデン離島の「ウィズビー」
春なら、こうやって散歩しながら花を愛でるだけでも心が満たされそうです。
それでは、ウィズビー以外のゴットランド島の見どころにも目を向けてみましょう。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。