体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ユネッサンがもっとお得に楽しめる!?あなたに合った「お得を極める」クーポン利用術

ユネッサンがもっとお得に楽しめる!?あなたに合った「お得を極める」クーポン利用術 「お得を極める」クーポン利用術

ワイン風呂や本格コーヒー風呂、さらには箱根外輪山を望む超展望プールなど、多彩なお風呂が楽しめる温泉テーマパーク・箱根小涌園ユネッサン。

じつは、ユネッサンにはお得なクーポンが多数用意されていて、利用シーンや出発地、利用する交通機関などに合わせて賢く利用すれば、かなりお得になることをご存じでしょうか?

しかし、どのクーポンをどんな時に利用すればいいのか、ビギナーにはいまいち分かりづらいところ。そこで今回は、さまざまなシーンに合わせたクーポン利用術をご紹介します。

「お得を極める」クーポン利用術

ちなみに、ユネッサンの通常料金は大人2900円、子ども1600円、温泉施設「森の湯」とセットになった入浴パスポートだと大人4100円、こども2100円(3歳~小学生)。これを基本として、どれだけお得になるのか見ていきましょう。

1.東京方面から「小田急線」で行く人にオススメ「湯遊びクーポン」

まずはこちらの「湯遊びクーポン」。

湯遊びクーポン

こちらは箱根小涌園ユネッサンの入浴パスポートに、現地までの往復乗車券がセットになったクーポン。

小田急線沿いの出発駅~小田原駅間の乗車券に加え、箱根登山線の小田原駅~強羅駅間、または箱根登山バスが走る箱根湯本駅~小涌園、強羅駅~小涌園の往復乗車券がついてくるので、ユネッサンと合わせて周辺観光をしたい場合にも便利です。

往復乗車券

小田急の出発駅によって値段は変わりますが、仮に新宿駅発の場合は大人4470円、こども2540円。

新宿駅から小田原の交通費だけでも往復1700円ほどかかり、ユネッサンの入場料2900円をプラスすると約4600円。

この時点ですでにお得です。さらに、小田原から箱根までのバス代なども考えると、かなりの節約になりそう。

ちなみに、ロマンスカーであれば新宿~箱根湯本間を約85分、890円で利用できるのも嬉しいポイント。せっかくの箱根旅行、行きの電車からリゾート気分を味わってみても良いかもしれません。

2.小田急線沿線以外からの人にオススメ「箱根小涌園ユネッサン セット乗車券」

一方、小田急線沿線方面以外から行く人にはコチラ、「箱根小涌園ユネッサン セット乗車券」がオススメです。

箱根小涌園ユネッサン セット乗車券

こちらはユネッサン&森の湯の入浴パスポートに加え、箱根湯本駅~小涌園までの往復バス乗車券がつくクーポン。

料金は大人3050円と、往復バス料金を含むのにも関わらず2210円もお得になっています。

また、復路のみ強羅駅を経由し、箱根登山鉄道から箱根湯元駅に帰るルートも利用できるため、帰り際に強羅周辺を観光したい人にもオススメです

(※ただし、強羅駅からの運賃は別途料金が発生。また、小涌園~箱根湯元駅間のバス利用であれば途中下車に制限はありませんが、強羅駅を経由した箱根登山電車での途中下車は前途無効になるのでご注意を)

3.「出発は遅めで、午後から楽しみたい人」にオススメ「13時から使えるアフタヌーンパス」

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会