ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

SMLコンベンションイベント開催、22/7、YOUNG JUJUら今年一押しアーティスト8組が集結

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
SMLコンベンションイベント開催、22/7、YOUNG JUJUら今年一押しアーティスト8組が集結

6月15日、Zepp Tokyoにて「ソニー・ミュージックレーベルズ2017」が開催された。

「ソニー・ミュージックレーベルズ」(SML)は、今年で3回目となるSMLの各レーベル、イチオシの新人アーティストが出演するコンベンションイベント。

各レーベルから22/7、UNIONE、電波少女、the peggies、FlowBack、RIRI、グレース・ヴァンダーウォール、YOUNG JUJUの8組が出演しそれぞれの個性が際立ったパフォーマンスを披露した。

また、2017年のソニーミュージックの新たな取り組みとして、日本だけでなく、世界を舞台に戦うことの出来るレーベルを目標に設立した“SACRA MUSIC”、ソニー・ミュージックレーベルズとJYPが共同プロジェクトを立ち上げて7年目の今年に設立した“Epic JYP”、新人の発掘からリリースまで縦断で活動をサポートしていく“次世代ロック研究開発室”の発足が改めてアナウンスされた。それぞれの特性を武器にした今後のリリースに期待が高まる。

レーベルとして掲げている「新たなスターの創出」のという指針のもと、今回出演したアーティストの他にもたくさんのアーティストがデビューを控えている。2017年、新たに音楽シーンに輝きを放つ各アーティストに注目だ。

22/7 コメント
22/7は声優アイドルグループとして、日々声優演技やダンス、ボーカルレッスンに励んでいます。声優としての表現とアイドルとしての表現、その2つを融合させて新しいパフォーマンスを生み出し、皆様にお届け出来るよう頑張ります!

UNIONE コメント
メジャーデビューから一年、がむしゃらにできることを精一杯やってきたました。その中での様々な出会いが僕たちを成長させてきてくれたと感じています。そんな出会いをこれからも大切にしながら、聴いてきた音楽やルーツが違う5人が合わさったときの”声”を武器に、日本そしてアジアでも活躍できるようなアーティストになっていきたいです。

電波少女 コメント
うらみ、つらみやネガティブな感情を歌う、電波少女というキャラクターを守って期待を裏切りつつ予想を越えたいなと思いながら活動してきました。やりたいことや自分たちの世界観を貫き通しながら大きな規模で活躍するSEKAI NO OWARIさんのようになりたいです、色は違えど(笑)。分かりやすい形でどんどん結果を残してきたいです。

the peggies コメント
メンバー3人とも音楽の好きなジャンルがバラバラだけど、だからこそ音楽やバンドが好きで活動してる3人なんだということを大事にしてきました。邦楽ロックという枠にとらわれず横浜アリーナ2DAYSを目指して、中学校の休み時間にthe peggies好き派と嫌い派で喧嘩されるようなバンドになりたいです。9年間一緒にやってきた3人でやっと辿り着いたメジャーデビューなので、私達を見てバンドを始めてくれる人たちが増えるよう頑張ります!

FlowBack コメント
ファンのみなさんも含め、まわりからのサポートへの感謝の気持ちを忘れずに、血の通った音楽を作ることを心がけてきました。そして何より、自分たちの音楽が一番かっこいいという思いを大切にしています。FlowBackみたいになりたいと、誰かの夢になれるような存在になりたいです。音楽はもちろん、ダンス、ファッションなど色々なジャンルのトレンドをFlowBackから発信していきます!

RIRI コメント
ライブでは見てくれている方々にしっかり自分の気持ちが届くように歌うことを一番大切にしています。そうやって歌うことで日本はもちろんですが、世界でも活躍出来るアーティストになりたいです。そんな自分の姿を沢山の人に見てもらい、夢に向かって頑張っている人たちに勇気を与えるような存在になれればと思っています。

グレース・ヴァンダーウォール コメント
いつも音楽を作る時はヒットをつくろうとか、ラジオでオンエアーしてもらおうとかではなく、心で感じたことや歌っていて自分が楽しいことを大事にしてきました。なので今後大きなツアーをまわる時も部屋で音楽を作る時も、常にハッピーでいられればと思ってます。日本は天気も良いし(笑)、素晴らしい人たちばかりなので、すぐにまた戻ってきたいです!

YOUNG JUJU コメント
これまで支えてきてもらったたくさんの方々に恩返しようという気持ちでやってきました。これからもとにかく音楽を一番に、聴いたらすぐにあの人の音楽だなってわかるような楽曲を作っていきたいと思っています。ラッパーとして成功する姿をみせて、キッズ達に夢をあたえていきたいです。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。