体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

QOTSA、マーク・ロンソンをプロデューサーに迎えた新作が完成

エンタメ
QOTSA、マーク・ロンソンをプロデューサーに迎えた新作が完成

 【FUJI ROCK FESTIVAL ’17】への出演も話題のクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジがマーク・ロンソンをプロデューサーに迎えた4年ぶり待望の最新アルバム『ヴィランズ』を2017年8月25日に世界同時リリースする。

 ここ数日の間に、公式サイトのデザインが一新され、新作の完成を匂わせるティーザー動画を公開していたクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ。昨日には、フロントマンのジョシュ・ホーミが、嘘発見器にかけられながら、新作に関する質問に答えていくというユニークな動画が公開され、新曲の一部と共に、アルバム・タイトルや、アデル、エイミー・ワインハウス、ブルーノ・マーズ、レディー・ガガ、ポール・マッカートニーらを手掛ける、マーク・ロンソンがプロデューサーに起用されたことが明かされていたが、本日正式に、4年ぶり7枚目となる待望の新作『ヴィランズ』のリリースを発表。合わせて新曲「The Way You Used To Do」が公開された。

 米ビルボード・アルバム・チャートで1位を獲得した前作『…Like Clockwork』以来、4年振りとなる本作には、マーク・ロンソンの他、共同プロデューサーに、長年のパートナーで【グラミー賞】プロデューサーのマーク・ランキン、そしてレコーディング・エンジニアには、<Creation Records>全盛期のマイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、ライド、スワーヴドライヴァーらの作品に関わり、アークティック・モンキーズやフー・ファイターズも手がけるアラン・モウルダーという鉄壁の布陣を迎えている。

 『ヴィランズ』国内盤(スリーヴケース付)には歌詞対訳と解説書が封入され、スペシャル・フォーマットとして数量限定のオリジナルTシャツ付セットの販売される。またiTunesでアルバムを予約すると公開された新曲「The Way You Used To Do」がいちはやくダウンロードできる。

 なお、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジは、【FUJI ROCK FESTIVAL ’17】初日のホワイト・ステージに登場することも発表されている。

 「アルバムのタイトル、『ヴィランズ』(悪人)には、バンドの政治的なステートメントが込められているのではない。トランプにも、それに付随するあらゆるものにも関係ない。ただ単純に、1)言葉としてファンタスティックで、2)すべての事象に存在する三つの視点(君の視点、俺の視点、そして実際に起こったこと)の一つを表すからだ。すべての人間は、非難し、憤慨する対象を求めている。今も昔もだ。それはコントロール不可能なんだ。唯一コントロールできるとすれば、受け流す決断をすることだけなのさ。」ジョシュ・ホーミ

 「最も重要だったのは、“今俺たちはどう聴こえてるんだ?”ってことを常に問いかけ、その答えを見つけながら、自分たちのサウンドを再定義することだった。最高のファースト・アルバムが作れないヤツは、そこで辞めるべきだ。だが最高のアルバムを一枚作って、その後も作品を出し続けられたとして、サウンドが進化していかないのなら、そんなものは最初のサウンドのパロディーでしかないのさ。」ジョシュ・ホーミ

 「クイーンズは、2000年の夏にサンセットのタワーレコーズで『Rated R』を買って以来、今でもずっと俺の大好きなロックンロールバンドさ。アルバムの制作中、「今俺は、憧れのヒーロー達が、クイーンズ史上最高傑作の一つを作ってるのを目撃してるんだ」って確信した瞬間がいくつもあった。そしてその一部になれるなんて、夢の中にいるような気分だったよ。最高にヘヴィーで、ダークで、素晴らしい夢の中にね。」マーク・ロンソン

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会