体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秦 基博が10周年記念の横浜スタジアムを振り返る! 同公演がWOWOWで6月25日(日)独占放送!

秦 基博が5月4日に神奈川・横浜スタジアムにて開催したデビュー10周年記念のワンマンライブ『HATA MOTOHIRO 10th Anniversary LIVE AT YOKOHAMA STADIUM』。バンドスタイルとアコースティックスタイルの2部構成で行なわれた自身初のスタジアムワンマンライブについて本人に語ってもらった。
秦 基博 (okmusic UP's)
秦 基博インタビュー

ーー第一部はバンドスタイル、第二部はアコースティックスタイルという2部構成。すごく中身の濃いライブでしたが、テーマやコンセプトを教えてください。

「自分が10年間で作り上げてきたライブのスタイルを全部凝縮したものをこの横浜スタジアム公演でやりたいと思ったのが始まりでした。バンドのアンサンブルの中で聴いてもらいたい音楽もありますし、一方で「GREEN MIND」という弾き語りでアコースティックサウンドを追究することもやってきました。なので、バンドスタイルとアコースティックスタイルの両方をじっくりと堪能してもらうためには2部構成がふさわしいんじゃないかと思ったんです」

ーーまず、第一部の「All Stars Pieces」ですが、あらきゆうこ(ドラム)、鈴木正人(ベース)、弓木英梨乃(ギター)、皆川真人(キーボード)という昨年からツアーを共にしてきたメンバーとのライブでした。ウグイス嬢の紹介アナウンスで、しかも野球のユニフォームを着て登場というのも横浜スタジアムらしい演出でしたね。

「はい(笑)。紹介されて出てくるって、普段のライブではないことですから楽しかったです。ユニフォームを着るというのもその日だけの特別感がありましたし、いつもと違うライブが始まるんだなっていう気持ちになりました。お客さんもそういう雰囲気を感じてもらえたんじゃないかなって思います」

ーー中盤では皆川さんと弓木さんと「プール」を、鈴木さんとあらきさんと「青」を、というふうに曲ごとに組み合わせを変えてのコーナーがありました。

「序盤はバンド全員で鳴らして、中盤ではちょっと変化をつけてみました。「青」は2007年に(鈴木)正人さんのサウンドプロデュースで、ウッドベースとパーカッションとアコギという編成でレコーディングした曲なんですが、そのオリジナルの編成でライブで演奏するのは初めてでした」

——そして、後半は“All The Pieces Strings”(佐藤帆乃佳ストリングス)が加わっての演奏となりましたが。

「元々アレンジに弦が入っている曲がたくさんあるので、野外ライブということもありますしダイナミクスの中で弦の音を入れたいなと思いました。昨年のアリーナツアーも一緒にやったチームですし、ダブカル(ダルブカルテット)の音が加わることで音に厚みと広がりも生まれましたね」

ーー第一部のラストは「水無月」でしたね。

「最後はみんなで歌いたいという気持ちがあったので「水無月」で終わるというのは結構早めに決まっていました」

ーー第二部の「GREEN MIND」は「アイ」から始まりましたが、この曲から始めた理由は何ですか?

「「GREEN MIND」の世界に一気に入ってもらうためにはどの曲がふさわしいのかを考えたら、やっぱり「アイ」がいいんじゃないかと思ったんです。すごくアコギの響きが生きてる楽曲ですし、曲としての大きさもありますし。普段のライブであれば終盤に演奏することが多い曲ですが、1曲目にすることで「GREEN MIND」が始まるっていう気持ちになってもらえるのかなと思って選びました」

ーー2曲目の「シンクロ」はボサノバヴァージョンで。

「はい。弾き語りとはいえ、いろんなリズムがある方が飽きずに聴いてもらえると思いましたし、アコギの弾き語りという中でもいろんなアプローチがあることを聴いて知ってもらいたいなって。きっとそれは「GREEN MIND」というものをずっとやってきた中で自分が得てきたものだと思うんです。なので、そういうものを全部出したいと思って、リズムなどに変化を持たせたりしました」

ーー中盤あたりからのステージ後方の外野スタンド席を利用したプロジェクションマッピングの演出がすごく印象的でした。

「演出的なダイナミクスを持たせるためにステージはなるべくシンプルな造りにしました。昼間(第一部)との違いやどのタイミングでマッピングを見せるかというのも含めて、スタッフや映像を作ってくれた島田大介さんたちと一緒に作っていきましたね」

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy