ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

chay、店長を務める1日限定カフェ「“chayTEA”cafe」で弾き語りライブ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
chay、店長を務める1日限定カフェ「“chayTEA”cafe」で弾き語りライブ

6月14日、約2年ぶりのニューアルバム「chayTEA」をリリースしたシンガーソングライター・chayが、アルバムのリリースを記念して、1日限定カフェ“chayTEA”cafeをオープンした。

「chayTEA」は、「それでしあわせ」「12月の雨」等、ドラマに起用された楽曲も収録され、ジューンブライドにぴったりなchayの結婚式ソング「運命のアイラブユー」、そして50万ダウンロードを記録したヒットソング「あなたに恋をしてみました(Wedding ver.)」を収録した全14曲のベスト盤とも言える作品となっている。

そんなアルバムのリリースを記念して、アルバムのタイトルにちなんだ “chayTEA”cafeを1日限定で国際フォーラム地上広場にてオープンさせた。

「chayTEA」のロゴや装飾があしらわれた、黄色のワゴン型のキッチンカーが有楽町国際フォーラムの広場にお目見え。学生時代にカフェでのアルバイト経験もあるというchayが、1日店長として店の前に立ち、注文されたドリンクのサーブをした。

このcafeでは、chayが自ら監修した「オリジナルチャイ」「フルーツチャイ」「綿あめチャイ」の3種類が販売され、ドリンクに合う「チョコレートフィナンシェ」も販売。そしてペーパーナプキン、スリーブ、ストローなどのアイテムもchayが自らデザインしたものになっているという拘り様。メニュー表ももちろんchayらしくPOPなデザインに。いち早くチャイティーを飲もうと朝から長蛇の列が。

11:00の店のオープンと同時に、真っ白なシャツに、黒い腰巻きエプロン、首元に蝶ネクタイを身につけた清潔感あふれるファッションで店長・chayが笑顔で登場した。カフェ店員のchayファッションに「かわいい!!」という声が起こっていた。

店がオープンすると、次々とドリンクがオーダーされていく。出来上がったチャイティーを手渡すのは、店長・chay。来客者とのコミュニケーションも忘れることなく一人一人との会話を楽しみながら手渡していく。綿あめチャイティーなどインパクトあるビジュアルで、ドリンクを受け取ったファンは思い思いにその場で自撮りをSNSにアップしていた。

飾られているPOPや黒板、全てにchayの拘りがちりばめられており、写メを撮るファンの姿が多く見られた。有楽町という場所からか、仕事の休憩時間に来たという人や、就活中の学生、子供連れのお母さんなど様々な人が来ており、中にはこの日のために秋田、兵庫、長野など県外からも多くの人が来ていた。

「おいしい!」と言ってくれる子供の姿に、chayも笑顔に。昼時を過ぎても列が途切れることはなく、“chayTEA”cafeは大繁盛。18:30の弾き語りライブ前には店の前には多くの人で溢れかえっていた。

18:30になると、一旦、ドリンクサーブを止めて、「今から店長が歌います!」と、ドリンクをギターに持ちかえて、店長自ら、“chayTEA”cafeを盛り上げる。

ここからはギター1本の弾き語りライブ。まずは「あなたに恋をしてみました」でスタート。手拍子が沸き起こり、お客さんも大合唱する。そして2曲目は「12月の雨」をしっとりと歌い上げる。「前作の『ハートクチュール』から約2年間、長いようで短かったけど、今の私を詰め込んだアルバムができました」と、今作の想いも語った。

そして吉田拓郎の「結婚しようよ」を披露。この「結婚しようよ」をギターで弾き語りをするのは初めてだ。集まった観客は聴き入っていた。そして一気に空気が変わり「運命のアイラブユー」では、観客の手拍子で盛り上がる。

「こういった場所でライブをやるのは久しぶり。デビュー当時、路上で弾き語りをやっていた頃を思い出してしまって、考え深いものがあります…」としみじみ語る。国際フォーラムの広場は暖かい空気に満ち溢れていた。

最後は、アルバムの1曲目に収録されている「恋のはじまりはいつも突然に」を歌唱し、弾き語りライブは終了。「じゃあ、また店長に戻ります〜(笑)!!」とギターをおろし、ドリンクサーブを再開。ドリンクはソールドアウトし、大成功で“chayTEA”cafeは閉店した。

弾き語りライブ演奏曲
M-1:あなたに恋をしてみました
M-2:12月の雨
M-3:結婚しようよ
M-4:運命のアイラブユー
M-5:恋のはじまりはいつも突然に

関連リンク

chay オフィシャルサイトhttp://chay.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。