ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【独占情報】ウディ・アレン監督の映画『Wonder Wheel(原題)』が12月に公開へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ウディ・アレン監督の新作映画が12月に劇場公開するという情報を、本誌ヴァラエティはキャッチした。

『Wonder Wheel(原題)』は1950年代のコニー・アイランドを舞台にする作品で、2017年12月1日に限定公開によって上映がスタートする。同日には、ジェームズ・フランコ主演のカルト映画『The Room(原題)』のメイキングの模様を描くコメディ映画『The Disaster Artist(原題)』も公開となる。

このところ、上映スケジュールが非常にオープンになっている。
ディズニーは『Wonder Wheel(原題)』が始まる前週にアニメ映画『Coco(原題)』を公開する。『Wonder Wheel(原題)』公開後の週末には、ギレルモ・デル・トロ監督のファンタジー映画『The Shape of Water(原題)』が公開されるが、多くの作品は12月の公開を避けているようだ。これは、12月15日に公開される映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に好影響を与えるだろう。

本作の配給は、昨年に公開した映画『カフェ・ソサエティ』でアレン監督と仕事をしたアマゾン・スタジオが担当する。『カフェ・ソサエティ』は、世界で興収4380万ドルを稼いだ。『Wonder Wheel(原題)』のキャストには、ジェームズ・ベルーシ、ジュノー・テンプル、ジャスティン・ティンバーレイク、ケイト・ウィンスレットらが名を連ねている。あらすじによれば、同作は「伝説的な」キャラクターたちや恋人たち、不貞、ギャングなどを描くという。ウィンスレットは、本作で初めてアレン監督と仕事をする。彼女は過去に、2005年に公開した映画『マッチポイント』のオファーを受けたが、家族絡みの事情で降板しなければならなかった。

12月に公開されれば、今年のアカデミー賞候補となる資格が与えられる。アレン監督はオスカー投票者のお気に入りで、映画『ハンナとその姉妹』や映画『アニー・ホール』、映画『ミッドナイト・イン・パリ』でオスカー像を獲得している。

アマゾンがオリジナル映画を作るようになって2年だが、すでに大きな存在感を確立している。同スタジオは、主演のケイシー・アフレックと脚本/監督を務めたケネス・ロナーガンにオスカーをもたらした映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』、また別のアカデミー賞受賞作で、外国語映画賞に輝いた映画『セールスマン』を公開した。アマゾンが今後公開する作品には、テレビシリーズ『シリコンバレー』のクメイル・ナンジアニが出演するロマンティック・コメディ映画『The Big Sick(原題)』と、トッド・ヘインズが放つオフビートな映画『Wonderstruck(原題)』がある。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。