体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【商店街調査】武蔵小山パルムのアーケードは、都内最長で雨の日の買い物も快適!

【商店街調査】武蔵小山パルムのアーケードは。都内最長で雨の日の買い物も快適!

一時期、地方では閉鎖するお店も増えたことから、商店街にネガティブなイメージをもつ人も少なくない。しかし、最近では商店街で新たな業態の店を始める若者も増え、再び熱を帯び始めた。そこで、都内の商店街を利用している人たち100人にアンケート調査を実施し、「好きなところ」「改善してほしいところ」など、満足度を探ってみることに。今回は、武蔵小山駅(東急目黒線)の近くにある、武蔵小山商店街パルムに注目してみよう。

雨の日でも安心!「アーケード」がお気に入りのユーザーは6割超

まずは、武蔵小山商店街パルムの「好きなところ」から。TOP10は以下のとおり。

●好きなところ(複数回答)

1位:アーケードがある(64.0%)

2位:活気がある、雰囲気がよい(47.0%)

3位:お店の種類・数が豊富(46.0%)

4位:商店街の長さ(距離)がちょうどいい(42.0%)

5位:自分の好きなお店がいくつかある(38.0%)

6位:安いお店(コストパフォーマンスのよいお店)がある(35.0%)

7位:おいしいお店がある(27.0%)

8位:防犯面で安全・安心感がある(26.0%)

9位:混雑度がちょうどいい(24.0%)

9位:個人経営のお店がある(24.0%)

この商店街の大きな特徴ともいえる「アーケードがある」の項目が1位。アーケードがあることで、雨の日でもぬれることを気にせずに利用できるのはうれしいし、日差しが強いときにも日陰になるので、これからの季節も快適に買い物ができそう。ユーザーにとっての大きなメリットといえるだろう。ちなみに、武蔵小山商店街パルムのアーケードは1956年に完成したもので、その長さはアーケード商店街としては都内最長の800m。当時は、現在よりも少し短い470mだったそうだが、それでも“東洋一”だったとか。

3位「お店の種類・数が豊富」は46.0%だが、「個人経営のお店がある」は24.0%で9位。実際に商店街まで足を運んでみた感想としては、たしかにチェーン店が多いように感じた。しかし、その間にポツポツと八百屋さんや精肉店、シューズショップなど個人経営の店舗が点在。スーパーや雑貨店、スパやヘアサロン、居酒屋に喫茶店まで幅広いジャンルの店舗が並んでおり、この充実ぶりに助けられる人は多いのではないだろうか。

取材時、たまたま通りかかった74歳のご婦人に「昔と今の商店街の変わったところ」を聞いたのだが、以下のように話してくれた。

「昔は近所の顔なじみの店がズラッと並んでいたけど、どんどん辞めていったのよ。テレビに出ることも多くなって商店街自体はにぎやかになったけど、やっぱり寂しい。でも新しいお店もどんどんできて、若い子もたくさんいて、元気があるのはこの商店街のいいところだと思うわ」

「活気がある、雰囲気がよい」の項目は2位にランクインしているが、このご婦人の言うとおり、若者からお年寄りまで幅広い年齢層の姿が見られ、平日にもかかわらずかなりにぎわっていた。【画像1】商店街のマスコットキャラクター・「パルとパム」のパムちゃんが出迎えてくれた(写真撮影/明日陽樹)

【画像1】商店街のマスコットキャラクター・「パルとパム」のパムちゃんが出迎えてくれた(写真撮影/明日陽樹)

不満は少ない!? 人が多いのは活気がある証拠……?

続いて、反対に「ちょっとここは改善してほしい……」と感じているところについても聞いてみた。TOP10を紹介しよう。

●改善してほしいところ(複数回答)

1位:人が多くて混雑している(30.0%)

1位:あてはまるものはない(30.0%)

3位:高いお店(コストパフォーマンスがよくないお店)がある(10.0%)

4位:お店の種類・数が少ない(9.0%)

5位:個人経営のお店がない(8.0%)

6位:開催されるベントに興味がわかない(7.0%)

7位:自分の好きなお店があまりない(5.0%)

7位:常連になっているお店があまりない(5.0%)

7位:汚い・清潔でない(5.0%)

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy