ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

職業カタログ~未経験から目指せて在宅でも働ける「手に職がつくお仕事」3選~

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:keimanahensyu:20170609201715j:plain

「転職したいけど、私ってどんな仕事が合っているんだろう?」「気になるあのお仕事、どうやったらなれるの?」「転職したらお給料下がるかな?あの職種っていくらくらい稼げるんだろう?」

そんな疑問におこたえしようと、このたび、編集部厳選の「未経験から目指せる!人気お仕事」を集めました。

転職サイトや求人誌ではなかなか見つからない職業のなり方、教えます!

今回は「在宅でも働けて手に職がつくお仕事」をご紹介。

このお仕事は、スキルを身につけて、いつでも、どんなところでも勝負できるお仕事。自分を高めていきたい人にオススメです。

校正

誤字、脱字などをチェックして正す

●仕事内容

雑誌、書籍など印刷物の制作課程で、原稿と校正紙を引き合わせながら誤字、脱字の誤りを正す。文字の大きさや書体などがレイアウトの指示通りになっているかどうかの確認もする。

●収入の目安

フリーで働く場合、時給換算で1500円~3000円程度。定期刊行物の仕事を数件受けるようになれば、月収25万円以上も可能。

●向いている人

ミスは絶対に許されないので、限られた時間内に正確にこなせる注意力、集中力のある人。

●なるには

スクールに通うか通信教育で、文章や校正記号、印刷、デザインの知識を身につけるのがおすすめ。就職先は、校正専門の会社や編集プロダクション、出版社など。経験を積み、フリー活動することも可能。主婦業のかたわら、在宅校正者として働く女性も多い。原稿の記述内容や表現のチェックまで行う校閲者のレベルになると、収入もアップ。

書道講師

スクールや自分の教室などで書を教える

●仕事内容

書の専門家として筆の使い方など書道の基礎から教える。書道関連のスクールに勤務する人もいるが、自宅で教室を開いている人も多い。地域や企業の書道サークルで教える道もある。

●収入の目安

自宅で書道教室を開塾した場合、生徒1人あたりの平均月謝は5000円程度~。

●向いている人

幼稚園児や小学生に教える機会も多いので、子どもが好きな人や主婦にも適している。ただし、書道家としての技量がなくては生徒がついてこない。公募展に出品して上位入選を目指すなど、技術を磨く努力を続けていける向上心のある人。

●なるには

書道講師養成コースを持つスクールで学ぶのが近道。授業で書道教室経営のノウハウを教えてくれるところも。仕事に就くための必須資格はないが、一般財団法人日本書写技能検定協会の検定のほか、各スクールや団体の認定資格がある。

賞状技法士

賞状や宛名書きなど毛筆のプロ

●仕事内容

感謝状、表彰状、卒業証書といった賞状を、毛筆で清書する仕事。賞状以外でも、のし袋の表書き、封筒の宛名書き、結婚式場の席札、祝辞、目録、挨拶状など幅広くこなす。

●収入の目安

賞状の全文書き1枚の報酬は4000円程度、封筒の宛名書きは1枚180円程度。

●向いている人

賞状を書くには筆力に加え、文字の書体や大きさ、配置などに気を配る必要があるので、美的センスや、注意力のある人に向く。納期を守るのも鉄則。1日に数十枚を書かなければならないこともあるため、ここ一番の集中力のある人。

●なるには

賞状技法士関連の講座で学び、見やすい文字の書き方、決められたスペースにバランスよく文字を収めるノウハウなどを習得すると良い。イベント会社、結婚式場、デパート、学校などから依頼を受け、自宅で仕事をする人が多い。

いかがでしたか?気になるお仕事は見つかりましたか?

新しい未来を手に入れるために、今、一歩踏み出してみては?

次回は、「人々の暮らしを今よりちょっと豊かにするお仕事」を紹介。お楽しみに!

構成/ケイマナニュース!編集部 取材・文/小林裕子(小林編集事務所)

※この記事は2016年3月時点での情報を基に作成しています。

※「収入の目安」は各団体、スクール、就業者への取材、「稼げる資格2016」をもとに「ケイコとマナブ」編集部が算出しています。これらはあくまで目安であり、個人差があります。

関連記事リンク(外部サイト)

職業カタログ~未経験から目指せる「エンタメ、アートにまつわるお仕事」4選~
【稼げる資格】実例インタビュー「高齢者福祉の場でも活用できる『おもてなし』の資格」
【稼げる資格】実例インタビュー「スマホ、デジタル家電…ますます普及が進むLinuxのスキルを証明」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。