ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

「dancyu」編集長直伝!塩昆布を使った超簡単おつまみ2品

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「dancyu」編集長直伝!塩昆布を使った超簡単おつまみ2品
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。6月15日(木)のオンエアでは、雑誌「dancyu」編集長の植野広生さんをお招きし、お話を伺いました。

創刊27年を迎える食の雑誌「dancyu」の7月号のテーマは「酒場はここだ。」。酒場の定義について植野さんは「そこに自分の空気がつくれる場所。寿司屋でもレストランでも、公園のベンチだって酒場かもしれない。日本中酒場だらけです」と語ってくれました。

また番組では、植野さんオススメのお酒のつまみを教えていただきました! 

この日紹介してくれたのは、塩昆布の美味しい食べ方。自称「打ち合わせ用テーブルで料理を作らせたら日本一」という植野さん(笑)。その言葉通り、オンエアの空き時間でササッと絶品おつまみを2品作ってくれました。

まず披露してくれたのは、鯛のお刺身を細切りにして、塩昆布とゴマ、そして大葉と和えた一品。これだけの手間で、まるで小料理屋に出てきそうなおつまみですね。

「白身の魚って昆布〆めにしたら美味しいじゃないですか? 塩昆布と和えるだけで昆布の旨みが染み込むんです」と植野さん。一口食べたクリスも、「おいしい! お酒ほしい〜!」と絶賛していました。

そしてもう一品は、半分に切ったミニトマトをオリーブオイルで和えて、塩昆布とイタリアンパセリ、包丁で叩いた粒コショウをまぶした、「和と洋」がコラボした一品。

「トマトと昆布は、両方とも旨みがあって、旨みの重ね着のような一品です。それをオリーブオイルがうまく仲介してくれるわけですね」と植野さん。

聞いているだけで、よだれが出てくるようなおつまみ2品。晩酌の時に作ってみてはいかがでしょうか? 番組のInstagramには、写真も掲載されているので気になった方はチェックしてみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。