体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「太巻き男子」の名を欲しいままに!

「太巻き男子」の名を欲しいままに! f:id:Meshi2_IB:20170601105356j:plain

もともと太巻きはお祭りとか集会とか、人が集まる晴れの場所と共にありました。にぎわいの場所に太巻きあり。まさにお祭り男ならぬ、お祭り料理です。

その太巻きを自分で作るという発想は……ないですよね。太巻きはおばあちゃんかおかんか親戚のおばちゃんが作るもの、あるいは買うもの。そんな感じでしょうか。

でも考えてみてください。おにぎりを自分で作ると自分の好きな具を好きなだけ入れられるように、太巻きだって自分で作れば「肉バージョン」「海鮮バージョン」「受け狙いバージョン」「チープバージョン」など、やりたい放題

もとい、自分好みの「マイ太巻き」が作れます。手巻き寿司では自分の好きな具をくるっと巻いて食べますよね。あれの「もっとかっちり版」です。

想像してみてください。屋外の飲み食いするイベントにもしもあなたが太巻きを持参したら。しかも「俺が作った」と言ったら、

ウケます。

おにぎりでもサンドイッチでもなく、太巻きですから。いきなり話題の中心人物になります。しかもそれがおいしかったら、女子からの称賛が降り注ぐこと間違いなしです。チャレンジする価値、あります。作ってみようじゃありませんか。

作ってはみたいけど巻くのが難しそうと思う方、動画サイトで「太巻き」「恵方巻」で検索してみてください。出るわ出るわ太巻きの作り方の動画。もうそのURLをここに貼り付ければ記事が終わってしまうくらいです。

でもそれじゃあんまりなので、そして実は私自身が太巻きを作るのが大変不得手でありまして、「初心者は大体こんな感じ」「でもちゃんと作れるよ」というのを実践してみたいと思います。

巻きすは100円ショップで買えるので調達しましょう。

f:id:uralatokyo:20170417175910j:plainf:id:uralatokyo:20170417180113j:plain

巻く際は平らなほうが上、

f:id:uralatokyo:20170417180215j:plainf:id:uralatokyo:20170417180252j:plain

丸みのあるほうが下です。

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。