体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【実験動画】ドローンvsカミナリの直接対決

生活・趣味
【実験動画】ドローンvsカミナリの直接対決

「もし飛行中のドローンに雷が落ちたら」

これは現実的にあり得るケース。考えるまでもなく、落雷のパワーの前にさしものドローンも……というオチを予想しますよね。それを、わざわざ大学の研究機関を使って実験したという。

バカバカしくも、意外な結末に最後まで見てしまいました(笑)。

ドローンの運命はいかに?

登場するドローンは世界シェアNo.1のDJI社製「Phantom 3」。プロフェッショナルモデルとなれば、精密なホバリングでスムーズな動画撮影が人気のモデルです。もちろん、決して安いものではありません。

対して迎え撃つのは、イギリスのマンチェスター大学の高電圧実験室が有する「人工雷発生装置」。なんでも最大で200万ボルトの雷を発生させることができる、国内最大級の装置だそう。

圧倒的不利に思えるこの状況を、ドローンは回避できるか!

※結果を知りたくない人は、動画でどうぞ

結果は…
「引き分け」!?

ドッカーン!施設内に雷鳴が轟いたその刹那、ドローンは地に落ちました。

まあ、そうだよな。

調査員がチャレンジを讃えるように敗者を回収、機体を調べたところ、なんとバッテリーが反応するじゃありませんか!

140万ボルトの衝撃派に翼こそもがれたドローンでしたが、その鼓動はまだ止まってはいなかったのです。が、再び飛ばそうとコントローラーを動かしたところ、プロペラは回転せず。

つまり、電子回路は壊れてしまったもののバッテリーは問題なし、というのが実験で得た結果に。「金属製のバッテリーのケースが導体となり、本体は守られたのだろう」と研究者。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会