ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「THEカラオケ★バトル」2ndアルバム8/2発売、テレ東バナナ社員・ナナナの新曲「ナナナ音頭」を収録

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「THEカラオケ★バトル」2ndアルバム8/2発売、テレ東バナナ社員・ナナナの新曲「ナナナ音頭」を収録

テレビ東京系列で水曜日18:55から放送中の「THEカラオケ★バトル」。本番組のセカンド・ベストアルバム「『THEカラオケ★バトル』BEST ALBUM Ⅱ」が8月2日にリリースされる。

「THEカラオケ★バトル」は、堺正章がオーナーをつとめる日本一ゴージャスなカラオケボックスで、各界一流の歌のプロ達や全国の歌うまシンガー達が自慢の歌声を競い合う“歌の格闘技”」。昨年12月には2016年間チャンピオン決定戦のファイナリストが参加し、番組オリジナルエンディング楽曲「Over and Over 〜夢は終わらない」などが収録された番組初のベストアルバムをリリースした。

8月2日に発売される「『THEカラオケ★バトル』BEST ALBUM Ⅱ」は、2016年4月からの得点ランキングで上位20人にランクインした人だけが出場できる超ハイレベルな戦い「春のグランプリ」を勝ち抜き、新たに「トップ7」の称号を与えられた7人に、U-18四天王・鈴木杏奈と竹野留里を加えた計9名が参加したセカンド・ベストアルバムとなっている。今回のアルバムは“夏”をテーマに、新トップ7が自ら選びカバーした楽曲を収録

さらに、8月という夏祭りシーズンでのリリースに合わせ、テレビ東京バナナ社員・ナナナをモチーフにU-18四天王(堀優衣、鈴木杏奈、佐々木麻衣、竹野留里)が歌う、いかにも夏らしい楽曲「ナナナ音頭」がボーナストラックとして収録される。「Over and Over 〜夢は終わらない」と同様、作詞は松井五郎、作曲は馬飼野康二と日本を代表する作家陣による制作となっている。この曲はナナナにとって「ナナナのナナナたいそう」以来の新曲で、振付は日本舞踊の舞踊家で振付師としても活動する花柳糸之が務める。

ナナナの誕生日である7月7日には、東京・六本木グランドタワー1F駅前広場にてバースデーイベントを開催。オリジナルの浴衣に身を包んだU-18四天王が登場し、ナナナとともに楽曲を生唄によるフルコーラスで初披露することが決まっている。

「THEカラオケ★バトル」商品特設サイト
https://karaokebattle.ponycanyon.co.jp/index.html

リリース情報
テレビ東京系「THEカラオケ★バトル」BEST ALBUM Ⅱ
2017年8月2日(水)発売
PCCA.04545 3,000円+税
収録楽曲:全10曲+ボーナストラック1曲
1. 恋のラ・ララ / 鈴木杏奈、佐久間彩香
2. 鱗(うろこ) / 宮本美季
3. さよならのオーシャン / 堀 優衣
4. 友達の詩 / 城 南海
5. ひこうき雲 / 佐久間彩加
6. ボヘミアン・ラプソディ / 翠 千賀
7. シルエット・ロマンス / 佐々木麻衣
8. つばさ / RiRiKA
9. Over and Over 〜夢は終わらない(合唱Ver.) / K★Bオールスターズ(城 南海、RiRiKA、翠 千賀、宮本美季、堀 優衣、佐々木麻衣、佐久間彩加、鈴木杏奈、竹野留里)
10. Over and Over 〜夢は終わらない(合唱Ver.)オリジナル・カラオケ
Bonus Track:ナナナ音頭 / 堀 優衣、佐々木麻衣、鈴木杏奈、竹野留里
参加アーティスト:城南海、RiRiKA、翠千賀、宮本美季、堀優衣、佐々木麻衣、佐久間彩加、鈴木杏奈、竹野留里

イベント情報
「THEカラオケ★バトル コンサート」
日程:2017年6月24日(土)
場所:TOKYO DOME CITY HALL 東京都文京区後楽1丁目3-61
[第1部] 開場 13:00 / 開演 14:00 SOLD OUT!
[第2部] 開場 17:00 / 開演 18:00

「ナナナのバースデーパーティー概要」
開催日時:2017年7月7日(金)18:30〜(予定)
場所:東京・六本木グランドタワー1F 駅前広場
出演:ナナナ / U-18四天王(堀優衣、鈴木杏奈、佐々木麻衣、竹野留里)他
※イベントの観覧は無料です。
※イベントの観覧は先着順の入場となります。
※混雑時は整理券を配布させていただく可能性があります。
ナナナ公式サイト「ナナナのサイト。」:http://www.tv-tokyo.co.jp/nanana/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。