体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ヒロシです。ネガティブな高校生でも、幸せになれます」

4月から心機一転でスタートダッシュしたけど、「頑張り過ぎて疲れちゃった…」という人、または「新しいクラスに馴染めない……」と人間関係に悩む人も多いのでは?

 

みんながみんな、ポジティブに熱く前向きに生きていけるわけじゃない。

 

後ろ向きだって大丈夫。

 

「ヒロシです。」のフレーズで始まる自虐ネタで大ブレイクしたお笑い芸人のヒロシさんの5つのつぶやきを聞いて、キミの幸せを見つけよう。

 

「ヒロシです。クラスの友達? 無理してまでは作りません」

 

「ヒロシです。ネガティブでも幸せになれます」

 

新年度の悩みで多いのは、なかなか友達ができないこと。

 

クラスメイトに溶け込めない人は、どうすればいいの?

  「クラスの友達なんて、無理して作らなくてもいいんじゃないでしょうか? 無理やり人に合わせて仲よくなろうとするから、ガマンしたり、ツライ思いをしてしまう。

 

そんな友達なんていりません。

 

世の中に出れば人間なんていっぱいいますから、高校で友達ができなかったら、外で作りましょう。

 

例えば、好きなアイドルのライブに行けば、趣味の合うオジサンと知り合いになれます。

 

仲よくなれば、ご飯くらいおごってもらえたり、年上の人だから何か学ぶことがあるかもしれません。

 

狭い高校の、さらに狭いクラスの中で、自分を偽ってまで友達を作る必要はないと思います」

 

「ヒロシです。モテる人のマネをしたけど、劣化バージョンになるだけでした」

 

「ヒロシです。ネガティブでも幸せになれます」

 

誰だってモテたいと思うし、憧れの先輩みたいになりたくてマネしちゃうことがある。

  「ぼくの高校時代は、イケメンか不良がモテていました。

 

でも、ぼくがイケメンになろうとしてもイタい人になるだけだったので、高校の入学式に不良の格好をして行きました。

 

確かに一瞬だけ女の子にモテましたが、それ以上に本物の不良にからまれてダメージを食らってしまいました。

 

人と同じことをやっても、その人以下にしかならないから、マネするだけムダなんです。

 

スゴイ奴のマネをしても、そいつにはなれないから、自分が興味あること、得意だと思うことをみつけて、それで勝負をしましょう。

 

お笑い芸人なんて、おもしろいだけでモテている人がたくさんいるんですよ」

 

「ヒロシです。気づかれない『いいこと』は『いいこと』になりませんでした」

 

「ヒロシです。ネガティブでも幸せになれます」

 

人が見ていないところでコッソリやるのが「いいこと」だって、道徳の時間に習った人もいるのでは?

  「ぼくも、まじめにコツコツと人知れず『いいこと』をするのが美徳だと思って生きてきました。

 

でも、どんな『いいこと』をしても、人に気づかれないと何もならないんです。

 

いいことをしたと口で言うんじゃなくて、いいことをするときには人にバレるように、それも偶然を装ってやるようなテクニックを身につけましょう。

 

大人になると、それを上手に見せられる人が世の中をうまく渡って出世しています。

 

もちろん、コッソリやるときがあってもいいけど、できるだけ気づかれるようにしないと評価されません。

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会