体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Cheeky Parade、溝呂木世蘭と小鷹狩百花のラストライブ終了、9の物語を失った7人の未来は

Cheeky Parade、溝呂木世蘭と小鷹狩百花のラストライブ終了、9の物語を失った7人の未来は

 Cheeky Paradeが6月9日に東京 渋谷WOMBLIVEにて定期ライブの追加公演【Cheeky Parade LIVE LIVE LIVE VOL5】を開催し、本公演をもってメンバーの溝呂木世蘭と小鷹狩百花が活動終了。以降、チームは5人体制で活動していくことになった。

【Cheeky Parade LIVE LIVE LIVE VOL5】写真(全11枚)

<結成から丸5年、不動の9人が遂に減員>

 この件が発表されたのは5月中旬、溝呂木世蘭と小鷹狩百花はこの公演で活動終了になることが明らかになった。Cheeky Paradeは2012年の結成以来、常に不動の9人で活動してきた。メンバーチェンジや脱退、増員なく活動を続けてきたのは、昨年メジャーデビューしたわーすたを除けば、彼女たちの所属するavex初のアイドル専門レーベル iDOL Streetではチキパのみ。入れ替わりの激しい現在のアイドルシーンの中でも稀に見る存在だったが、昨年6月にメンバーの山本真凜と鈴木真梨耶が2年間LA留学するため、一時活動を休止。以降は7人で、ふたりの帰国を待つ体制をとってきたが、ここで遂にメンバーが減員することに。

 チキパの楽曲はメジャーデビューシングル『BUNBUN NINE9’』をはじめ、“9”を題材にしたタイトルや歌詞が多い。今年2月に開催した5周年記念のステージでも、それまで7人体制では披露してこなかった楽曲で、9人の絆を歌にした「WE ARE THE GREATEST NINE9’」を解禁。留学組のボーカルパートも使用しながら、再び9人でファンの前に立つと宣言していたが、その約束を果たせなくなってしまったのだ。

<序盤から続く9の物語「明日以降は5人で、LAにいる2人を待ちたい」>

 溝呂木世蘭と小鷹狩百花がCheeky Paradeとして活動する最後の場、【Cheeky Parade LIVE LIVE LIVE VOL5】は、ふたりの挨拶から幕を開けた。オープニングに選ばれたのは、前述した「WE ARE THE GREATEST NINE9’」と「BUNBUN NINE9’」。すでに自分のソロパートを歌えないほど泣いている溝呂木を、会場のファンは最初から全力の声援で支える。「チェケラ」の小鷹狩ソロパートの直前、メンバーの永井日菜は人差し指を口元に当て、ファンに向かってウインクした。粋なパフォーマンスで最後まで盟友を立てるところも、結束の強いチキパならではだろう。

 力強く成長することを誓った「M.O.N.ST@R」も、タイトル通りスカイゲートを超えて飛躍する覚悟を綴った「SKY GATE」も、この日は溝呂木と小鷹狩からの最後のメッセージだったといえるだろう。ファンが叫ぶお決まりのコールも、ふたりのときは会場が割れんばかりの声量で轟いていく。

 終盤はステージ上の7人から感謝の気持ちを伝えたいと「HAPPY DAYS」、そしてチームにとって初めてのオリジナル曲「Cheeky dreamer」で本編を終了。アンコールにも応じると、リーダーの鈴木友梨耶は「明日以降は5人で、LAにいる2人を待ちたいと思います」と新たな決意を表明し、そのふたりのボーカルパートも導入された9人バージョンの「M.O.N.ST@R」で7人体制のCheeky Paradeに幕を引いた。

<7月からは5人体制で……留学組の2人を待つチキパの変わらぬ覚悟>

 ただ、悲しんでばかりもいられない。すでに7月には5人体制でのイベント出演が決定しており、アイドルライブの本番ともいうべき夏に向け、さらなる熱量で進んでいかなければいけないからだ。

 実際にこの日のライブでも、並々ならぬ覚悟を感じさせる鋭い眼光や気合のパフォーマンスが目を引いた島崎莉乃、涙を拭いながらも弾ける笑顔で終始会場を盛り上げた渡辺亜紗美、伸びやかなボーカルでアグレッシブなサウンドに芯を通す永井日菜、時に妖艶さすらかもし出して男性ファンの視線を集める関根優那、「これからも絶対諦めない!」と集まったファンが一番聞きたかった言葉を言い放った鈴木友梨耶。5人は変わらぬポテンシャルを確信させるアクトで、まだまだ先があることを証明してみせた。

 アンコールの最後、リーダーとして活動を終了する2名へのエールを贈った友梨耶が「一生懸命がんばって、幸せになってください!」と締め、メンバーから「……(ふたりは)結婚するの?」とツッコまれて笑いを誘う相変わらずな一面まで覗かせてくれたのだ。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy