ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

さくらしめじ、満員の結成3年目バースデーライブでゲストロボット出現にビックリ感無量

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
さくらしめじ、満員の結成3年目バースデーライブでゲストロボット出現にビックリ感無量

さくらしめじが6月14日、結成3年目のバースデーライブを東京・下北沢GARDENで行った。

<ライブレポート>
2014年6月14日。田中雅功と髙田彪我が出会い、フォークデュオを結成した。当時はまだユニット名はなく、「ガク&ヒョウガ」としてのスタートだった。あれから3年。2017年の同じ日=さくらしめじ3歳のバースデーに、彼らは下北沢GARDENのステージに立った。

この日を待ちわびていたのは、もちろん彼らだけではない。会場にはきのこりあん(さくらしめじのファンの総称)が所狭しと埋め尽くすなか、「みなさん、こんにちはー!さくらしめじです!!」と元気よくステージに飛び出したさくらしめじは1曲目に「せきがえのかみさま」を選んだ。

手拍子に後押しされ、雅功と彪我が何度もニッコリ顔を見合わせる軽快なポップソングだが、同じクラスにいる想いを寄せる女の子への片思いがちょっぴり切なくて歯がゆくて、瑞々しいラブソング。この曲を2ndシングルとしてリリースしたときはちょうど2年前。ふたりは中学2年生だった。

新曲を交えてライブは弾き語りを中心に進みながら、「かぜいろのめろでぃー」や「いーでぃーえむ」など、オケと一緒に演奏する場面も。気持ちをゆったり温めてくれるピースフルなナンバーも、気分爽快なアップナンバーも、さくらしめじらしさが満載!ちょっとしたMCのしゃべり始めや、曲タイトルコール、曲終わりの「ありがとうございます!」のピタリとハモる声は、結成間もない頃から少しも変わっていない。

ただ、演奏中、自分のパートに集中しながらも互いの音と声にしっかり寄り添い、微妙な揺れを感じとってアプローチされるバランスのいいギターワークとコーラスは、3年間演奏し続けてきた成長の証だ。

今でこそ家族のように互いを知り尽くしているふたりは、3年前に結成記念イベントで初めて披露した思い出のカバー曲「明日への扉」(I WiSH)の弾き語りなどで、その抜群のコンビネーションを演奏に滲ませる。ここで、うっとり聴き入ったり、手拍子で応戦するオーディエンスに大発表が。

8月23日に、さくらしめじとして5枚目のニュー・シングル「あやまリズム」のリリースをアナウンスし、このステージでイチ早く生演奏…ところが!!なんと完全サプライズでTBSテレビのアニメ「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド機動救急警察」の救急ロボ、ソニックがステージに登場したのだ。

しかも7月より当アニメのエンディングテーマに「あやまリズム」が大抜擢というから、ふたりはさらなる喜びで開いた口が塞がらないほど驚いている。この後、もちろんソニックも加わり「あやまリズム」のパフォーマンスで観客を大いに盛り上げた。

結成から3年間という月日のなかで、嬉しいときも悔しいときも、不安なことも楽しいことも、いつだってちょうど半分ずつ、共有しながら一緒に歩いてきた。近しい存在なだけに、そんなふたりにも、なかなか面と向かっては言いにくい言葉もあったかもしれない。それが「ごめん」と「ありがとう」。

「ひとりでも多くの人を笑顔にできるように頑張ります!」(田中雅功)
「夢である、さいたまスーパーアリーナ・ワンマンライブに向かって1歩ずつ進んでいきます!」(髙田彪我)

彼らがどんなときも夢を追い続けていられるのは、互いへの尊敬と感謝を持ち続けて、そして信頼が厚いから。きっとふたりで話したいことは、まだまだたくさんあるのかもしれない。でも今日は多くを語らず、ただ最後に「さんきゅう」という、さくらしめじになって初めてのオリジナル曲を歌っただけで、雅功と彪我の胸の内に少し触れられた気がする。さくらしめじはまだ3歳。彼らが心の中で描く未来の地図は、この先も果てなく希望に満ちているはずだ。

関連リンク

さくらしめじ オフィシャルサイトhttp://sakurashimeji.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。