ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

人工知能搭載のカメラアシストツール、撮影シーンに最適な設定を自動的に判断 スマホから遠隔操作もできる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Arsenal写真撮影やカメラに興味がある人なら必見のカメラアシストツールが、クラウドファンディングサイトKickstarterに登場している。

・デバイス自体は超軽量の57g

この「Arsenal」は、デジタル一眼レフ、ミラーレスカメラ向けのもので、美しい映像を撮影するための有用なサポート機能があり、しかも手元のスマートフォンからワイヤレスでリモートコントロールができるというスグレモノだ。

ツール本体の重さはわずか57グラムという超軽量仕様で、Bluetooth 4.0&WiFi対応、パワフルなARMプロセッサを搭載している。専用アプリはiOS、Android両方に対応。USBで他デバイスと接続することができ、バッテリー寿命は約6時間。

・AIを搭載、ベストな設定を自動的に判断

Arsenal3「Arsenal」の一番のウリは、“深層機械学習”を基盤とするアシスタントAIを搭載している点。数千に及ぶ写真観察を経て構築したAIが、18の環境要因をベースに、シーンごとにもっとも適した設定を自動的に判断してくれる。

つまり、シーンごとに異なる難しい設定を手動でおこなわなくても、ベストショットを撮影できるというわけ。

・レンジは最大30m、スマホから遠隔操作可能

しかも、それを最大レンジ約30メートルの離れたところからコントロール可能だというからスゴイ。シャッタースピード、カメラ口径、ISO感度設定などを調整したり、スマートフォンからシャッターを押したり……といったことができるのだ。

また、高度な自動写真スタッキング技術を採用しており、シーンをHigh Dynamic Range(HDR)で撮影できる。フォーカススタッキング技術のおかげで、数枚の焦点の異なる画像を、1つのシャープでクリアな画像に合成して、RAWやJPGファイルに統合することが可能。

Arsenal2タイムラプス映像を撮影するのにももってこいで、減光フィルターを装着することなく、刻々と移り変わる美しい色合いの映像を撮影可能だ。しかも、録画中でもプレビューをスマートフォンでチェックできるというから便利。

これらの撮影画像はスマートフォンからいつでも履歴をチェック可能で、そのまま即座にSNSなどでシェアできるお手軽さも嬉しい。

現在、出資金を受付中の「Arsenal」は、目標資金5万ドル(約550万円)のところ、133万ドル(約1億5000万円)以上集める人気沸騰ぶりだ。
Arsenal

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。