体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人の骨格にフィット!職人の技術が光るアイウェア

「毎日身につけるものだからこそ、こだわりの一品を」そんな人にぴったりのアイウェアが発売される。

日本人の骨格にフィットするよう設計されたアイウェアを展開する 日本製アイウェアブランド『ayame』。世界最高峰の技術を誇る福井県鯖江市の熟練した職人によって、1 本 1 本丁寧に磨き上げられるプロダクトは国内外問わず高く評価されている。デザイン面、機能面において高品質を追求する『ayame』の真摯な姿勢に、『WORK NOT WORK』が共感し、コラボレーションアイテムの製作が実現した。


1年の製作期間を経て満を持してローンチするアイテムは、「DEXTER」と名付けたブロータイプの『WORK NOT WORK』オリジナルモデル。

丹念に時間をかけて形作ったフレームは通例のものよりも厚みを持たせ、 重厚感のある仕上がり。そして「砂打ち」という熟練した職人による高度な技法を用いて、フレーム表側とメタルにマットな質感を表現する一方で、フレーム裏側は 光沢仕上げにすることで汗などの汚れが目立たないようになっている。


「DEXTER」は6月23日(金)から全国の『WORK NOT WORK URBAN RESEARCH』で購入可能。価格は3万5640円(税込)。こだわりの一品は自分用はもちろん、プレゼントととしても喜ばれるだろう。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。