ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

函館新みやげ とろとろネバネバ昆布好き歓喜の「がごめ昆布」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

函館名物「がごめ昆布」をご存知だろうか。
がごめ昆布は、函館周辺の限られた海域でのみ生息している昆布のことをさす。出汁を取る昆布ではなく“食べる昆布”で、以前、「ためしてガッテン」「秘密のケンミンSHOW」などのテレビ番組で紹介されて話題となったこともあった。
そのがごめ昆布が存分に食べられるのが、函館空港にあるレストラン。メニューにその名も「がごめ丼 がごめ昆布づくしセット」なるものを見つけた。しかも価格は800円。昆布好きとしては気になったので、オーダーしてみた。
DSC_0353
まず、がごめ丼。北海道産の真昆布とがごめ昆布を混ぜて炊き上げ、いかと鷹の爪が加わったもので、食べてみると、米は甘辛いながらも口の中でピリ辛感も味わえ、なかなか美味しかった。
DSC_0351
また、付け合せとして、がごめ昆布と山わさびの醤油漬け、がごめ麺の酢の物も。こちらも、がごめ昆布ならではのネバネバ感、トロトロ感が存分に楽しめ、丼で残った米に混ぜて食べるとより美味しさが増した。
がごめ昆布はなぜ他の昆布よりもネバネバなのかというと、昆布を水でもどした時に表面がヌルっとする“とろみ成分”が他の昆布よりも多いからという。しかも、この昆布の粘り、健康や美容にも良い、がんや動脈硬化、高血圧予防などにも良いようで近年、注目されているのだとか。
函館空港はもちろん、函館市内の土産店で1枚もの、細切りなどが売られていて、食べ方も十人十色。昆布好き、ネバネバ好きにはたまらないがごめ昆布、ぜひお試しあれ。
DSC_0347
がごめ昆布 ねばねば本舗http://www.konbu-gagome.com/

【Nicheee!編集部のイチオシ】

一度食べたらやめられん! 大阪・堺の名物料理「プノンペンそば」
【山形おいしい旅】 山形B級グルメで注目 元祖「冷たい肉そば」発祥の河北町へ
【裏わっきーTV】#1 絶品牡蠣に悶絶!「オストレア 渋谷店」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。