体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3Dバトルも体験可能!プログラミング不要、3DのRPG制作ツール「SMILE GAME BUILDER」新体験版が配信

株式会社スマイルブームは、3Dの世界を冒険するRPG制作ツール「SMILE GAME BUILDER」の新体験版を、2017年6月15日より配信を開始することを発表した。
image1

SMILE GAME BUILDERは、3Dの世界を冒険するRPGを作成できるツール。本ツールの特徴は「プログラミングを必要とせずに、マウス操作で直感的にゲーム作れること」だ。現在、ゲーム配信プラットフォーム「Steam」にてダウンロード可能となっている。

今回新たに配信される本ツールの体験版は、旧体験版で必須であったSteamアカウントの取得が不要となっている。2016年8月26日より配信している旧体験版の期限が切れにいる方も利用可能とのこと。言語は、日本語版と英語版に対応。
image2
image5

ストーリー進行の会話やアイテムの入手、ボスバトルなど全てのイベントは「イベントパネル」という命令を組み合わせて制作可能。作ったイベントは即時実行して確認ができる。
image4

表現力を向上させる機能として、従来からの機能である2Dバトルシステムに加え、3Dバトルシステムの実装が追加。自由にカメラワークを設定することもできる。

image3
またゲーム内の3D空間内において、カメラ位置を自由に設定できる事により、特定のキャラクターに寄ったり、カメラを引いてマップ全体を見たり、主観視点にしたりというような視覚演出も可能。

また発表に伴い、SMILE GAME BUILDERの操作方法などを説明した動画が、動画配信サービスサイトYouTubeのチャンネル「SMILE GAME BUILDER」から視聴することができる。

新体験版の仕様と機能、制限事項は以下の通り。

新体験版の仕様と機能

 
旧体験版
新体験版
Steam会員登録
必要
不要
SMILE GAME BUILDER体験版単体での利用
×

オフライン環境での利用
×

3Dバトルシステム機能
×

カメラの自由制御
×

2Dキャラクター、3Dモデル、サウンドなど各種素材の追加
×
○(最大3つまで)
マルチビューカメラシステムの搭載


製品版へのゲームファイル引継ぎ


製品版同様の3Dマップ制作


製品版における全てのイベントテンプレートの使用


製品版における全てのパーティクルエフェクトの利用

SMILE GAME BUILDER新体験版の制限事項

・公開用ゲームデータの作成の機能制限。
・テストプレイ実行時のロゴ表示。
・マップの新規作成、マップサイズ変更の制限。(1ゲームにつきマップは5つまで)
・体験版に収録されているSGBクエストは、製品版とは内容が異なる。
・グラフィックや音楽などの収録素材数の制限。
・体験版の使用期間はワンタイムコードの認証が成功してから30日間。体験版で作成されたゲームのデータは、製品版で読み込むことが可能。

ソフトウェアの概要

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。