ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ご飯の炊ける匂いが無理と言ってるのに!「二日酔いだからおかゆ作って」ってどーゆーこと!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20161129160650j:plain

女性は妊娠期間中に赤ちゃんの成長に伴い、様々な変化と向き合っていきます。病院にも定期的に通わなければいけませんので、その度医師の指示で自分の身体や心をコントロールしなければなりません。夫婦で授かった赤ちゃんなのに、なぜ私だけがこんな思いをするの?と嘆きたくなる事もありました。これは私が妊娠中、つわりだった時期に体験した事です。

私は現在2児の母(長女・次女)です。初めての妊娠でつわりを経験した時は、寝ても覚めても気持ちが悪い状態でした。特に苦労したのはスーパーの買い物で、食べ物を見ただけでも吐き気がする中での買い物は、まるで武者修行でもしているかのようでした。

初めての妊娠で旦那さんも体調を気遣ってはくれましたが、妊娠前から家事は私が全てやっていたので妊娠中もそれは変わりませんでした。私の状況を事細かに伝えても、「病院の先生にはなんて言われてるの?薬が飲めないなら仕方ないね。休める時に休んでいいから」と、一応労ってはくれるのですが、いつもどこか他人事で私の身体の変化には興味がないようにさえ感じました。

ある日、会社の飲み会で二日酔いになった旦那さんが「お粥を作ってくれ」と言って来ました。私はつわり中に「ご飯の炊ける匂いがどうしても駄目」と伝えていたのにです。確かに二日酔いの辛さは分かりますが、つわり中で一番つらい「ご飯の匂い」を嗅ぎながら、好きでお酒を飲んできた旦那さんの為にお粥を作る事に憤りを感じていました。

旦那さんに言いたいことはたくさんありましたが、私の精神状態が不安定で、何か言ってしまったら収集がつかなくなりそうな状況だったので、その場はグッと堪え後できちんと伝えようと思っていました。

しばらく自分をクールダウンした後、旦那さんと話し合いの場を持ちました。彼にも言い分はあったでしょうが、私の気持ちを受け止めてもらうことができました。 関連記事:「わたしはあなたのママじゃない!」我が家ではお互いをあだ名で呼んでます by斗比主閲子

約2年後次女を妊娠した時は、妊娠発覚直後から旦那さんには前回の妊娠中の事を細かく伝え、私にとって一番辛いつわりの時期を少しでも快適にすごせるよう協力してもらえるようにお願いしました。

しかし、また繰り返すんです。こうなると、「あれだけ言ったのによくやれるね」と笑うしかありません。正直、「もっと学習してよ!」と思いましたが、きっと分かり合えないのだろうなと諦めました。

妊婦さんの気持ちに寄り添ってくれる旦那さんはたくさんいると思いますし、出来れば全ての旦那さんにそうであって欲しいです。でも妊娠中に赤ちゃんがお腹にいるのを実感できるのは女性だけですから、その時の辛さも女性しか分からないんでしょうね。

旦那は娘二人を溺愛し、病気の事や教育の事に関しては私よりも勉強してくれています。妊娠中は・・・と思いましたが、今は旦那さんに感謝しています。 関連記事:奥さんへの感謝から苛立ち、不満…再び感謝へと移り変わった気持ち。パパ目線の産後

f:id:akasuguope01:20161128211212j:plain

著者:しーちゃん

年齢:34歳

子どもの年齢:3歳6ヵ月、8ヵ月

現在2児の母です。出産前までは仕事をしていたので、家事・育児に専念する自分を想像していませんでした。奮闘しながら毎日を過ごしております。母親3年生、まだまだ先は長いですが、子どもの成長は楽しみです。最近の目標は、子どもにピアノを教えて一緒に連弾する事です!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

妻の妊娠。何もできない僕だけど「色々とありがとう」の言葉が嬉しかった
情緒不安定でも大丈夫
2人目だって不安は同じなのに…。1人目の出産時と全く違う夫の態度に大爆発!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。