体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『2足のわらじ』 が本業に与える好影響――バスクリン営業・平田氏が2足のわらじを履く理由

株式会社バスクリンといえば、きき湯、日本の名湯シリーズなどの入浴剤をはじめとした日用品メーカー。お風呂の文化を守る「銭湯部」があるなど、面白い取り組みをされている会社です。(銭湯部に関する記事はこちら

そのバスクリン社に、元オリンピアンであり、現・バスクリン営業マネージャー・兼日本ボート協会オリンピック・選手役員の会理事長という珍しい働き方をされている方がいるのをご存知でしょうか。今回は、バスクリン社の平田明久さんに、「二足のわらじ」をはくまでのキャリアと、副業が本業に与える好影響について伺いました。

f:id:rikunabinext:20170613170234j:plain

【プロフィール】平田 明久(ひらた あきひさ)

1963年東京都墨田区生まれ。

1988年、24歳の時に、ソウルオリンピックにて、ボートのエイト(8+)種目で選手として出場した経歴を持つ、元・オリンピアン。所属していたマツダオート社の方針変更に伴い、バスクリン社に転職。以来、同社の量販部営業担当として、全国の小売チェーンの本社に対して商品提案などを行う。

副業として、日本ボート協会「オリンピック・選手役員の会」の理事長を務め、小中学生向けに「オリンピアンが教えるボート教室」の開催・講師、次世代選手の普及・育成を行っている。自身も大会に出場し、2017年6月に開催された第10回全日本マスターズレガッタで優勝するなど、現役選手としても活躍中。

国内ではNo.1。日本代表としてオリンピック選手になったものの、世界では歯が立たなかった。

ーはじめまして。早速ですが、元・オリンピアンということで、選手活動について教えてください。

平田:はい、24歳のときに1988年のソウルオリンピックにボートの選手として出場しました。一口にボートといっても色んな種目があって、私はエイト(8+)という8人の漕ぎ手と舵手で艇を進める種目で出場しました。他にも1X(1人乗り種目)や2X(2人乗り種目)や4X(4人乗り種目)などあるのですが、エイト(8+)は全種目の中でも最も人数が多く、スピードも最速。ボート競技の中では花形種目です。

―花形種目というと、陸上で言うと100m走のようなものですね。

平田:はい。ですから、各国からエース級の選手が投入されます。私の身長は184cm。自慢ではないですが、国内では常に1位を獲ってきました。でも、世界を相手にしたら、まったく歯が立ちませんでしたね。各国の選手は2mを超える選手がザラにいます。筋肉も隆々で、まるで大きさが違う。スタートと同時にあっという間に先に行かれたことを、今でも鮮明に覚えていますよ。

オリンピックが終わった後も、日本ではNo.1。なのに、世界では通用しない。コンディション・モチベーションの維持には相当苦労しましたね。

ー厳しい世界にいらっしゃったのですね…。なぜ、そこからバスクリン社に転職をされたのですか?

平田:もともとマツダオートの実業団に所属する選手としてオリンピックに出場したのですが、方針変更により実業団が無くなることになりまして。でも、ボートは続けたいし、オリンピックは諦めきれなかった。そこで探し回った結果、「ボートをやって良い」と言ってくれたバスクリンに転職しました。ありがたいことに、次のオリンピックに挑戦する機会をいただけたのです。

選手としての限界と、家族。

ボートを引退し営業として第二の人生を歩むも、縁あって再びボートの世界へ。

ーバスクリンに入社した後、再びオリンピックを目指された、ということでしょうか?

平田:いえ、実は数年で現役選手を引退しました。きっかけは2つです。

まず1つ目は、選手としての限界を感じたことです。年齢とともに体力が落ち国内での順位が徐々に落ちてきた。2つ目は、同じタイミングで結婚して家族ができたことでした。自分が家族を養わないと、と決心し、そこからは営業の仕事に集中しました。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy