体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

部屋に飾りたくなるモノトーンな「地図」

部屋に飾りたくなるモノトーンな「地図」

マップを額装して部屋に飾る。絵になりますよね。でも、その多くはアンティーク調のものだったり、やたらと実用的なものだったりしませんか。

スタイルを選ばない、という意味で言えばこのアーバンマップはかなり秀逸。ミニマルな部屋でも、主張しすぎず個性を出す。これで1枚当たり1,000円弱ならば、飾る場所を考えてしまいそうです。

道路のほか、
余計な情報は描かない

部屋に飾りたくなるモノトーンな「地図」 用途にもよりますが、一般的に地図といえば道路や建物で構成されたものをイメージするかと思います。ないしは、そこに海があり、山があり、川があり。これらがカラフルに色分けされていたりするわけですが、ここに紹介するシティマップ「Urban Prints」は、無駄な情報を一切省いてしまいました。モノクロで表現したのは「道路」のみ。部屋に飾りたくなるモノトーンな「地図」部屋に飾りたくなるモノトーンな「地図」部屋に飾りたくなるモノトーンな「地図」部屋に飾りたくなるモノトーンな「地図」

きちんと額装して壁面を飾れば立派なインテリアとして主張します。もちろん、ただ立てかけておくだけでも絵になる。自分が訪れたことのある街をコレクションしていく、という楽しみ方もいいですね。

じつは、すべて手書きから始まる

部屋に飾りたくなるモノトーンな「地図」 マップは全12都市。上段左からサンフランシスコ、マンハッタン、東京、シカゴ、ロサンゼルス、シアトル、下段左からトロント、メルボルン、ソウル、ヨハネスブルグ、パリ、サンティアゴ。部屋に飾りたくなるモノトーンな「地図」部屋に飾りたくなるモノトーンな「地図」
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。